レッツゴースノーボード

ハウツー記事地形遊びフリーラン

バンクに入ろう

3Dの地形でボードを加速できるようになろう

バンクはスノーボードの醍醐味である3D地形の滑りを容易に味わうことができます。バンクへの進入方法を間違えないように気をつけて、キモチよく通過できるようになりましょう。

1 ライン取りはかなり重要

ゲレンデ内にバンクを見つけたら、何はともあれまず始めにライン取りのことを考えましょう。バンクとは要するに、道路で言うカーブのことです。峠道のコーナースポットです。バンクに対して鋭角に入り過ぎると、Gが掛かり過ぎて危険です。上からしっかりとライン取りを見極めましょう。

2 目線→上半身と繋いでいく

バンクに進入する時には、目線はすでにバンクの中腹あたりへ送っておこう。その目線方向に合わせるように、上半身を先行させていく。初めに目線、上半身と繋いでいけば、ボードの上にきちんと体がかぶさり、しりもちをつくミスも少なくなる。

3 壁にへばりつくように通過する

バンクを通過している間は、重心は壁に対して90度を保っておくようにしよう。目線は引き続き先へ先へと送りながら、へばりつくようにターンしていこう。重力に逆らわず、重力を感じながら、自分がパチンコの玉になった気持ちで斜面を滑り降りていくのがオススメ。

4 加速してる?減速してる?

バンクを通過している間に、終始重心を正しく保ち、壁にへばりつけていれば、バンク通過後にスピードは加速しているでしょう。スピードに負けて体が詰まったりすると、逆にスピードは落ちてしまいます。うまくバンクを通過できたかどうかを、通過後のスピードで判断するのもよいでしょう。きれいなラインで通過できるように、何度も繰り返しバンクに入るとよいでしょう。もちろん、バンクを使ってジャンプしたり、バンクの壁でグラトリをカマしてみたり、遊び方に制約はありません。ただ通過するだけでなく色んな遊び方を考えてもよいでしょう。ENJOY THE BANK!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

コース脇の壁で遊ぶ

地形遊び一覧ページはこちら

ちょっとした段差で遊ぶ

リフトの支柱付近で遊ぶ

まだまだ地形で遊ぶ

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて