レッツゴースノーボード

道具ギア スノーボードの板のことキャンバー

キャンバーボードは滑りにどう影響するか?

定番の構造に乗ると滑りはどう変わる?

キャンバーとは、スノーボードを平らな面においたときに、地面と板の間にできる隙間のこと。ボードが反っている部分であり、「ボードの遊び」とも言えます。ここではキャンバーボードがスノーボードの各場面での滑りにどう影響してくるかを考察します。

※オススメのキャンバーボードまとめ(15-16最新モデル)
※ノーマルキャンバーとローキャンバーの違いは?

ジャンプするとき

大きく飛ぶ時や大きなキッカーで効果絶大!

キャンバーボードはジャンプの基本的な動作を正しく練習するのに最適です。
オーリーの基本動作「腰を落として板に加重し、前足、後ろ足の順にボードを引き上げていく」というもの。キャンバーの遊びはボード本来の反発力をいっそう高め、タイミングが合えばより高い軌道のジャンプが可能になります。

逆に言うと、基本動作をタイミングよくできなければ、キャンバーボードでジャンプを行うのはやや難しく感じるかもしれません。より少ない力で楽にジャンプしたい場合は、ダブルキャンバーやフラットキャンバーの方が有利でしょう。

ただ、スピードをつけて大きなジャンプ台を飛ぶ場合は、キャンバーボードは絶大な効果を発揮します。アプローチで意図せずボードにかかる余計な力を、キャンバーの遊びがクッションとなり抑えてくれるので、より安定感、安心感を感じられるはずです。

ターンするとき

板の反発力を活かしたキレのあるターンが可能

ターンの基本動作は、前半で体をやや浮かせてボードに加わる力を抜き(いわゆる拔重)、後半では腰を落として再び板に力を加えていく(加重)というもの。

キャンバーボードはソールと雪面の間にいわゆる「遊び」があることで、ターン時に欠かせない「抜重、加重のタイミング」を取りやすくなり、ターンの動きにメリハリをつけやすくなって、結果キレのあるターンに繋げることが出来ます。
カービングターンを練習するのにキャンバーボードが優れているのはこうした理由からです。高速滑走時の安定感も、他の構造のボードよりも秀でています。
ただしキャンバーの遊びは時に逆エッジを招くので、特に低速滑走時はより注意してボードを扱う必要があります。

フリーランする時

あらゆる状況でも安定感ある滑りが出来る

キャンバーボードでフリーランをする場合、キャンバーの遊びはリカバリーの動作をとりやすく、地形の凹凸や硬いバーンを他の構造の板に比べて楽に走破することが出来るでしょう。直進安定性にも優れ、高速滑走時にも非常に頼りになるはずです。

ボックスやレール、グラトリでは?

トリックにメリハリをつけやすい!

グラトリやジブのやりやすさは、エッジの引っ掛かりが少なく回転性に長けたロッカーボードやダブルキャンバーボードに軍配が上がるでしょう。グラトリだけ、ジブだけを念頭に置くなら、キャンバーボードより優れた構造のボードがたくさんあります。ただ、キャンバーボードがジビングに不向きかと言えばそうではなく、オーリーや先行動作、エッジ加重など基本的な動作がしっかりと出来れば、キャンバーならではのメリハリのついた動きができるはずです。

※オススメのキャンバーボードまとめ(15-16最新モデル)
※ノーマルキャンバーとローキャンバーの違いは?
※NITROスノーボードのキャンバー構造まとめ

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて