レッツゴースノーボード

道具ギアプロライダーの板選び

プロライダーはどうやって板を選んでる?

④清原勇太(CAPITA)の場合

「真七人侍」のメンバーで「STONP」や「DOWNCHILL」といった名作ムービーへの出演、のPOWDER COMPANYでのガイド、NZヘリチャレンジ参戦など、多岐に渡り活躍している超実力派ライダーの板選びをご紹介します。

パワフルかつテクニカルなオールマウンテン・ライダー

愛犬のハルとともに、北海道のみならず日本、世界各地の雪山をどん欲に攻めるユウタ。
彼もまた一回目の原田将臣さんと同様、最強クルー「真七人侍」の一人。
そのメンバーの中でもかなり早い段階でバックカントリースノーボードに魅せられ、以来様々なムービープロダクションでの映像フッテージや、スノーボード雑誌での美しいライディング写真など、芸術的な作品を数多く残してきました。

ここ数年はニュージーランドで開催されるヘリチャレンジにも参戦し、海外にもJAPANESE KIYOHARAを存分に魅せつけている他、かの一流ブランドTHE NORTH FACEからのサポートも受けながら、ニセコの名門ガイド「POWDER COMPANY 」の一員としても活躍しています。
今シーズンは中井孝治くんの手がける動画サイト「COIF」の撮影トリップにも回り、最近になってもまだまだ、春のニセコでクルージングを楽しんでいるんだそう。

経験豊富なユウタは、いかなる雪山でもクールにパワフルに滑りながら、随所にいぶし銀全開のグラブやスピンを繰り出す、テクニカルなオールマウンテン・フリースタイラー。
決して多くは語らないが、そのライフスタイルや滑りの随所に、スノーボードへの情熱、スタイルがにじみ出ている。そんな頼れるナイスガイはどのようにしてボードを選ぶのでしょうか?


ユウタがチョイスした来期のCAPITAボード

ユウタの身長は168センチ。体重60キロ。
彼がチョイスした来期ボードは2本ありました。

①「毎年これ」と惚れ込むCAPITAの傑作ボード

CAPITA CHARLIE SLASHER158


シーズン中は常に雪のいい場所をかぎつけ、パウダーを滑り込むユウタ。
そんな彼がいつも乗っているモデルがCAPITA CHARLIE SLASHER158です。
チャーリースラッシャーは、管理人も昔から名前を知っていた、CAPITA往年の傑作パウダーボード

フラットキャンバーのディレクショナルシェイプに、ノーズがリバースキャンバー(ロッカー)形状になっているので、パウダーもバツグンの浮力を得られ、操作性もバツグン!、文字通りスラッシュも思いのままに炸裂できるモデルです。

ユウタがこのモデルを毎年選ぶ理由は、
「固くてハリがある。エッジも入りやすい。
自分が滑る場所や地形に板を合わせやすく、やりたいことにすごく合っている

とのこと。

操作性バツグンのフラット構造かつ、パウダー専用に施されたリバースキャンバー。それでいて固くてハリがあるのなら、まさにパウダーで自由に動けて、ターンやジャンプもキレキレの動きが出来る!
ユウタのような豪快なライダーの要望も叶えてくれる、まさに傑作のパウダーボードなのでしょう。


ノーズとテールに細工のされた、遊びやすいキャンバーボード

②CAPITA THE OUTSIDER154


一方でユウタが春の雪やゲレンデで、ジャンプしたりして遊ぶのに使うのが、「THE OUTSIDER154」というキャンバーボード。

「進化したキャンバー構造」とCAPITAが提唱するこのモデルは、キャンバーの後のノーズとテール部分に4cmのフラット部分を加え、これがオーリーのタイミングターンのコントロール性を向上させるんだそう。


「太くて固い。ノーズとテールが引っかからないから面白い」
とユウタ。

最近この「ノーズとテールが引っかからないように細工された板」が各社より続々と登場していますが、前回の鈴木裕司くんしかり、この手のボードをチョイスするライダーも多いですね。

ノーズとテールが引っ掛かりにくいというのは、ターンやジャンプトリックを始めとした、スノーボードの様々な動きにおいて、より大胆にボードを扱えるということ。
まさしくユウタの言う「面白いボード」なのでしょう。



ユウタが板を選ぶ基準は??


「俺太い板が好きなんだよね」

毎年どういう基準でユウタが板を選ぶかを聞いてみたところ、返ってきた答えがズバリ「太い板」。THE OUTSIDERも、何よりもまず自分好みの太さだったから選んだんだそう。

続けてユウタは
滑りたいフィールドの地形や雪質、それと、自分のスタイルに合わせて乗る板を選んでるよ。デザインもそうだけど、シェイプやアウトラインも含めた「見た目」を重視してるかな。分かるでしょ?触ってみて・・もちろん乗ってみるのが一番いいんだろうけど
とのこと。

なるほど。確かにスノーボードを長く続け、いろいろな板に乗っていくと、全体的なシェイプ、形状というのは、自分の経験、技量や、乗ってきた板によって何となく、自分に合うかどうかが直感的に分かってくる

ましてやユウタの場合、昔から各地の雪山で、時に過酷な状況下でも、己を高め激しく滑り倒してきたライダー。その経験をもとに、自分が滑る山の地形や雪の特徴を踏まえて、自分に合うボード、自分が好きなシェイプの板を、直感的にチョイスしているのでしょう。



清原勇太(きよはらゆうた)
札幌市出身
身長168cm 体重60kg
レギュラースタンス スタンス幅54cm 前24° 後ろ-3°〜3°
sponsor:CAPITA UNION DEELUXE THE NORTH FACE REVOLT DVS

【プロライダーの板選び】①原田マサオミ /②堂前和也/③鈴木裕司④清原勇太⑤南谷孝太郎⑥渡辺大介
【関連記事】※ 普通のキャンバーとローキャンバー、どう違う??

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

プロライダーの板選び記事一覧

道具ギアカテゴリー一覧

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて