レッツゴースノーボード

道具ギアプロライダーの板選び

プロライダーはどうやって板を選んでる?

③鈴木裕司(NITRO)の場合

当サイトと親交の深いライダーさん達の、ボードの選び方をご紹介するシリーズ第三弾。

今回は、新潟は南魚沼が生んだスタイルマスター、鈴木裕司くん(nitro)にお話を聞きました。

ユウジはNITROのインターナショナル・ライダーとしても名を連ねる、屈指の実力派ライダー。とにかく何をしててもスタイリッシュ!ジャンプはもちろんジビングや、ゲレンデで遊ぶちょっとした動きでさえ、いつ見ても本当にかっこいいです。

4シーズン前に膝を怪我してから、滑りのスタイルや選ぶボードが少しずつ変わってきたと話すユウジ。
一体来期のボードはどのようにしてチョイスしたのでしょうか

世界も認めているライダーが選んだボードは??

20代前半はハーフパイプの大会に奔走し、プロ昇格後は国内の名だたるビデオプロダクションにて、そのスタイリッシュなフッテージを量産してきたユウジ。

中でも地元・南魚沼のライダーが集結するプロダクション「HOTDOGG FILMS」の作品ではメインライダーとして、毎年洗練された個人パートを残してきました。

海外のシューティングにも積極的に参加し、カナダのムービーにも映像が使われたり、 NITROのインターナショナルライダーとしても名を連ねたりするなど、その滑りは世界に認められている本物のスノーボーダーです。

4シーズン前にジャンプで膝のじん帯を怪我してからは滑りのスタイルも変わり、ここ最近はゆっくりとスノーボードを楽しむリズムに変わってきたとのこと。
愛する息子とともに雪国新潟で、メローなスノーボードライフを送るユウジは、来期にどんなボードを選んだのでしょうか?


チョイスした2本のツインチップボード。

ユウジの身長は169センチ。体重65キロ。
彼がチョイスした来期ボードは2本ありました。


①ニューテクノロジーが満載のコラボモデル

【NITRO LOVE152


「新しく出た機能は使ってみたくなるんですよ」
と話すユウジが今回、真っ先に飛びついたのがNITROLOVEというツインチップのモデル。

厳密に言うとLOVEは、NITROのLOVEというモデルではなく、オーストリアのスノーボードブランドLOVEとのコラボモデルです。
LOVEはNITROの新技術「FLAT OUT ROCKER構造」(全体はフラットで、ノーズとテールが若干反っている)を採用し、エッジにPOWER PODという細工(いわゆるマーヴィン社のマグネトラクションのような、細かいギザギザ)を施すなど、ユウジの好む新機能が満載です。

「グラフィックがカッコよくて選んだってのもある。
152センチと短く、レール向きのイメージだけど、思ったより調子がいい。クセが無くて、案外頼れる」

とユウジ。

FLAT OUT ROCKERがレールやグラトリなど細かい動きを容易にする一方で、POWER PODがエッジを掛けた時のグリップ力を高めた結果、LOVEはジビングに特化したモデルでありながら、ユウジの言う「頼れる」ボードに仕上がったのでしょう。。



②「去年よかったから今年も選んだ」一本


【NITRO UBERSPOON153


LOVEの他に、ユウジが選んだのが去年と同様の「UBERSPOON153」
テールもノーズも尖ったシェイプをしたユニークな形状のUBERSPOONは、キャンバー構造に摩訶不思議な台形型の「ROOF CHOPキャンバー」を採用。
パウダーからパークまで、どんな場所でもフリースタイルに滑れるオールマウンテン・ツインチップボードです。

「去年乗って調子よかったから今年も選んだ。板の形もカッコいい」

ユウジはこの板をセットバック全開にして滑っているんだそう。ちなみにユウジはどんな板を乗る時でも、ノーズがテールより長くないと気持ち悪いそうで、たとえツインチップでもセットバックは必ず入れるとのこと。

※UBERSPOONに関してさらに詳しくは、当サイトの去年のレポートをどうぞ。ユウジの感想も記載されています。この板最高ですよ!

ユウジが乗るボードを選ぶ基準は??

実は何でもいいんですよー(笑)

ユウジが板を選ぶ基準は、かっこよさ各モデルの機能ももちろんあるけれど、おおむね「何でもいい」とのこと。ビンディングやブーツにいたっては「メーカーの人に丸投げ(笑)」することもあるそうだ。さすがですね。要するに、「何でも乗れちゃう」わけですね!

では逆に「今までどんな板に乗ってきたの?」と聞くと、真っ先に名前を挙げたのが、「BLACKLIGHT」という、知る人ぞ知るNITROの名作ボード。


BLACKLIGHTはフレックスにものすごくハリのある、ノーマルキャンバーのディレクショナルボード。実は管理人も、数年前にこのモデルを乗りましたが、ジャンプもターンも、反発力がすごくて、難しいけど、最高に乗り応えのある板でした。



怪我してから視野が広がった

何でもいいと言いつつもユウジは、数年前までは
「キャンバー以外の板に乗るなんてあり得ない」と思っていたんだそう。

高いジャンプの軌道から、誰もがうらやむスタイルでトリックを繰り出すユウジ。そんなアグレッシブな滑りを受け止められる、最も頼りになる板がBLACKLIGHTだったのでしょう。

「怪我してからは、踏める板よりも楽な板、頼れる板よりも遊べる板を選ぶようになった」と続けるユウジ。

今まで見向きもしなかったキャンバー以外のボードにも関心を持つようになり、乗ってみると案外調子よくて、以来さまざまなボードを試すようになったそう。

最後に
「本当は「TEAM(キャンバー)」が一番調子いいと思った。
だけどソール見ると「TEAM」って書いてあって、「NITRO」って書いてなくて、だから辞めました。
「NITRO」って書いてある板に乗りたいから


さすが長年NITROに乗り続けてきた日本の看板ライダー。ボードを選ぶ基準も、選ばない基準も、実にユウジらしさが溢れててカッコいいなーと思いました(笑)



鈴木裕司(すずきゆうじ)
1984年1月28日生まれ
新潟県南魚沼市出身
身長169cm 体重65kg
レギュラースタンス スタンス幅56cm 前18°後ろ-9° sponsor:NITRO,RAIDEN,L1,DRAGON,DEFCON,
C1RCA,FANINARI,00PROJECT,SPACECLAFT

【プロライダーの板選び】①原田マサオミ(head) /②堂前和也(nitro)④清原勇太(capita)⑤南谷孝太郎(capita)⑥渡辺大介(moss)⑦天海洋(k2)
【関連記事】※ 普通のキャンバーとローキャンバー、どう違う??

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

プロライダーの板選び記事一覧

道具ギアカテゴリー一覧

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて