レッツゴースノーボード

ハウツー記事キッカートリック

バックサイド180 / BS180

シンプルで奥の深い低回転トリック

グラトリゲレンデの地形でのBS180ができるようになってきたら、今度はいよいよキッカーでのBS180にチャレンジしてみましょう。低回転ながらも非常に奥が深く、何年経っても変わらず楽しむことができる、とても魅力的なトリックです。着地が見えづらいので、初めのうちは無理をせず、徐々にキッカーのサイズを上げていきましょう。

1 まっすぐ抜ければ高さが増す

バックサイド180 bs180 kicker

アプローチではうっすらとトゥサイドエッジに乗っていますが、リップを抜ける瞬間はボードを真っすぐに保つよう心掛けましょう。バックサイド180は、スピンの先行動作はほとんど必要ありません。エッジを掛けることをあまり意識しなくとも、エアのピークまでに90°回す事が出来ていれば十分着地する事が可能です。まっすぐ抜けて高さを出すことが大切です。

2 目線で回転をコントロール

bs180 バックサイド180

空中に飛び出したら、前脇の下から一度ランディング地点を確認しておきましょう。 もしこの時、着地まで届かなかったり、飛び過ぎたりしたと思ったら、無理にむ回そうとせずに全力でリカバリーします。安全なところに着地できると思ったら、目線は止めずに、そのまま後方下へと送ります。目線を早く送ると早く回転が始まり、反対に着地方向を見続けるとスピンはなかなか始まりません。目線の送り方で回転をうまく調整しましょう。

3 ブラインド着地は慎重に

bs180 バックサイド180 着地 ランディング

バックサイド180のように、前方が見えづらい着地方法のことを「ブラインド着地」といいます。代表的なものではフロントサイド360もブラインド着地にあたります。この手の着地は、空中で真下の雪面を見ながら、ボードと雪面の距離を計れるようになると、安定感が増すでしょう。着地する間際は膝を柔らかく伸ばし、無理な衝撃を体に与えないように心掛けましょう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUTウエア・期間限定セール開催!

定価ですでにお求めやすいライドアウトウエアを、さらにお得にゲットできるチャンス!期間限定の全品30%OFFセールを実施中です。この機会をお見逃し無く!

キッカートリック・グラブ系

キッカートリック一覧ページはこちら

スピントリック・180&360

スピントリック・540〜高回転

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて