レッツゴースノーボード

ハウツー記事キッカートリック

バックサイド720 / BS720

回転軸にオリジナリティのあるBS720

BS720は後方に2回転するスピントリックです。回転軸のずれ方は、時にその人の個性となります。コウタロウのBS720は、リップを抜けてからの目線の送り方、上半身の倒し具合が独特なため、オリジナリティ溢れるコーク720に仕上がっています。

キッカー バックサイド720 bs720

1 確実なオーリーは必須!

高回転スピンにトライしようとすると、踏み切る前に先行動作をたくさん入れたくなる。ただしリップを抜ける瞬間は後ろ足で雪面を確実に踏み切ること。スピンにとらわれ過ぎてオーリーがおろそかになると、高さが出ず横に飛んでいってしまい危険だ。オーリーして上へ飛ぶ動作を必ず加えるようにしよう。

2 目線がスピンをリードする

踏み切るときはアゴを引いておくと、エッジが余計に引っ掛かることなくスムーズにリップを抜けられる。空中に出るとすぐに着地が見えてくるが、構わず目線をスピン方向へ送っていこう。まず目線を先行させる事で、上半身、下半身へと回転が伝わり最終的にボードも回り出すのだ。コウタロウの場合、4コマ目からの目線の送り方、上体の倒し方により回転軸がずれていっているのが分かる。

3 オーリーと目線が軸を戻す

回転軸がずれるのは高回転スピンにトライする上でよくあること。軸がずれても、空中で目線を着地方向に促すことが出来ていれば、自然と元の位置に戻ってくる。そのためにも、トリック一連の視界のイメージは明確に持っておこう。あと大前提として、踏み切りでオーリーが入らなければ軸は戻ってこないことも忘れずに。

4 上半身をかぶせてランディング

着地間際ではなるべく膝を伸ばして、ランディングのショックを吸収できるようになろう。回転が足りなそうでも上半身を積極的にかぶせてボードを出来るだけまっすぐに合わせていこう。

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

キッカートリック・グラブ系

キッカートリック一覧ページはこちら

スピントリック・180&360

スピントリック・540〜高回転

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて