レッツゴースノーボード

ハウツー記事スノーボードでグラトリ

ハーフキャブ to バックサイド360

180と360を粋に繋げよう。

ハーフキャブとBS360をコンボさせてみましょう。後半は回転の惰性が加わるので、単発で行うよりもスムーズに回せるはずです。2つのスピンをさりげなく取り入れてみましょう。

1 さりげないハーフキャブを習得しておこう。

オーリーをしっかり掛けたハーフキャブ
ハーフキャブ to バックサイド360
さりげなく回すハーフキャブ
ハーフキャブ to バックサイド360

トリック前半のハーフキャブ(スイッチフロントサイド180)は、コンボを成功させるために重大な役割を担っています。ここであまり力んでしまうと、後半のBS360を繰り出すパワーが生まれてきません。まずは写真上のような、オーリーをしっかり入れたハーフキャブを習得し、慣れてきたら写真下のような、ボードをずらして素早く回すハーフキャブを出来るようにしておくとよいでしょう。

2 ターンの弧を描きスピンしやすくしておく。

ハーフキャブ to バックサイド360

トリック全体の軌道は、写真のようにうっすらとターンの弧を描くとよいでしょう。その方がスピンに必要なエッジングを行いやすくなり、少ない力で回し込むことが出来るからです。アプローチスピードは遅い方が回転のリズムを掴みやすいですが、遅すぎると逆にボードを持ち上げるが重く感じて難しくなっていくのを覚えておくとよいでしょう

3 回転の惰性を上の力に変えて後半にのぞむ。

ハーフキャブ to バックサイド360

ハーフキャブを終えても、ボードはまだバックサイド方向へと回りたがっているでしょう。一度腰を落としてオーリーへのパワーを作りますが、このとき必要以上にボードを踏み込まないようにしましょう。間髪入れずに後ろ肩を上へ引き上げて、回転の惰性を上へ逃がしながら後半のBS360を回し込んでいきましょう。

4 不足した回転は、クールにごまかそう

ハーフキャブ to バックサイド360

グラトリでのスピンは、キッカーでのジャンプと違って、回転が足りなくても大怪我をする可能性は低いでしょう。むしろ足りない回転を、さりげなくずらしてまっすぐにする仕草がカッコよかったりするはずです。最後の90は、ヒールエッジ着地なら容易にずらせるので、回転の惰性を上手く活かしながらボードを真っすぐに合わせていきましょう。

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

グラトリ 初級編&基本トリック

グラトリ一覧ページはこちら

グラトリ スピン系トリック

グラトリ コンボ系トリック その他

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて