レッツゴースノーボード

ハウツー記事キッカートリック

ハーフキャブ(スイッチFS180)HALFCAB

スイッチスピンの第一歩を踏み出そう!

ハーフキャブとはスイッチスタンスからのフロントサイド180のことを指しますくれぐれも踏み切りには気をつけて、スイッチトリックの登竜門をくぐりましょう。

【アプローチ】体に加わるGに十分注意

フロントサイド180の時と同じように、緩やかなヒールサイドターンを描きながらリップを目指しましょう。ただしスイッチエントリーの場合、リップの上り口付近で体に加わるGに耐えきれず、大きくバランスを崩してしまうことがあります。リップの上り口ではなるべくボードをフラットに保って、重心を板の真上にキープしておくとよいでしょう。スイッチでのボードコントロールに自信の無い方は。無理にエッジ操作を行わず、姿勢を低くしてまっすぐ踏み切りを目指すとよいでしょう。

こちらの写真でも、アプローチでは緩やかにヒールサイドターンを行っているものの、上り口付近ではボードをフラットにしているのが分かります。リップを上り始めたら無理なエッジコントロールは行わないほうがよいでしょう。

【踏み切り】後ろ肩の引き上げがとても大切

ハーフキャブ スイッチフロントサイド180 キッカー

たとえアプローチで細かいエッジ操作を行わなくても、踏み切り時にオーリーと同じタイミングで後ろ肩を前方へ引き上げることができれば、180に必要な回転力はつくはずです。ボードを極力真っすぐに保ちながらリップを上ることを心掛け、ジャンプの力とスピンの力を同時に生み出していきましょう。上半身を引き上げながら離陸し、エアのピークまでに90回っているのが理想です。

【空中姿勢】空中でのスタイルの出し方を知っておこう

ピークにかけて下半身を引き付け、ボードが自分に近付いてきたらグラブを行いましょう。写真では両方ともスイッチインディグラブを行っています。ただし大きな違いは足をポーク(伸ばすこと)しているかどうか。もしグラブした後にもう1アクション入れたい場合は、写真左のオタケさんのように、グラブしていない手を引き上げることで、連動して片足をポークさせることが出来ます。写真右のカズヤのように、ポークせず固まりたい場合は、グラブしていない手を引き上げずにダランとさせるとよいでしょう。

【着地】油断すること無くレギュラー着地へ

空中では終始ランディングする場所が見えているので恐怖心はそれほど無いはずです。見えている着地から目を反らさずに、上半身を前へ積極的にかぶせて着地へ移行しましょう。最後まで油断せずにジャンプの衝撃を吸収しながら落ち着いてレギュラー着地を行いましょう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

キッカートリック・グラブ系

キッカートリック一覧ページはこちら

スピントリック・180&360

スピントリック・540〜高回転

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて