レッツゴースノーボード

ハウツー記事キッカートリック

クレイルインディ(CRAIL INDY)

インディグラブにオシャレな変化を与えよう

クレイルはインディグラブの一種で、後ろ手で両足間のトゥエッジを掴みながら、後ろ足をボーン(伸ばす)するトリックのことです。 インディの掴み方の一種なので「クレイル・インディ」と呼ばれることもあります。通常はインディグラブをしたあとに前足をボーンする方がやりやすいですが、あえて後ろ足を伸ばすことで、どこかオールドスクールな雰囲気を空中で作ることができます。インディグラブが出来るようになったら、ステールフィッシュで後ろ足の伸ばし方のコツを掴んでから、是非トライしてみましょう。
special thanks to Niseko 0ch

【アプローチ】リップの登り口までにスピードを調節

スノーボード キッカー クレイル グラブ クレイルインディ crail indy grab

どんなグラブトリックも、リップを上り出したらどちらのエッジにも乗らずにまっすぐ進むことが大前提になります。思わぬ怪我を防ぐためにも、はじめはキッカーのチェックを行って正しい軌道で飛べるようになりましょう。リップの登り口までにスピード調整は済ませておき、リラックスしてオーリーの動作に移行できるとよいでしょう。

【踏み切り】グラブは意識せず上に抜こう

スノーボード キッカー クレイル グラブ クレイルインディ crail indy grab

リップを抜ける瞬間もグラブのことを考えずに、とにかくまっすぐ真上に飛ぶことを心掛けましょう。「グラブしなきゃ」と意識しすぎると、リップを抜け切る前から上半身が開いてしまい、空中姿勢が不安定になりかねません。焦る気持ちは何とか心の中に閉まって、まずはきれいなオーリーができるようになることが、グラブを成功させる最大のポイントです。

【空中姿勢】クレイルの形の作り方を知ろう

スノーボード キッカー クレイル グラブ クレイルインディ crail indy grab

エアのピークまでにボードを引き付けながら、体をコンパクトに保ってグラブを行いましょう。後ろ手でトゥエッジを掴んだ後に、前手を背中側に引き上げればインディ・ノーズボーンになりますが、クレール(テールボーン)の場合、前手をやや前方真上に引き上げることで、後ろ足をより伸ばしやすくなるでしょう。下半身だけでなく、上半身も使って空中姿勢をコントロールしていきましょう。

【着地】グラブを離した反動で板をまっすぐに

スノーボード キッカー クレイル グラブ クレイルインディ crail indy grab

空中でクレイルの形をうまく作れたら、出来る限りスタイリッシュな空中姿勢をキープしましょう。もちろんグラブ中も前方の着地に目線を送り続けること。グラブを離すときは、引き上げていた前手も同時に降ろすことで、着地に向けてのリズムが生まれるでしょう。掴んだ手を離した反動で落ち着いてボードを真っすぐに戻しながら、体全体をバネのように使って着地の衝撃を吸収していくと良いでしょう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUTウエア・期間限定セール開催!

定価ですでにお求めやすいライドアウトウエアを、さらにお得にゲットできるチャンス!期間限定の全品30%OFFセールを実施中です。この機会をお見逃し無く!

キッカートリック・グラブ系

キッカートリック一覧ページはこちら

スピントリック・180&360

スピントリック・540〜高回転

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて