レッツゴースノーボード

21-22おすすめスノーボード

渡辺大介(K2)が今シーズンお勧めしたいボード

秋も色付き冬の香りがライディング意欲を掻き立てる今日この頃。 そろそろ冬支度で頭を悩ませる時期ですね。
「毎年、気になるギアはあるけどもなかなか決めれない。」 「気になるライダーの、あのボードが乗りたい!」「 スペック表を見ても、いまいちピンとこない。」
ここではレッツゴーでお馴染みのライダーたちに、今シーズンのお勧めボードを紹介してもらいます。
今回は多方面で活躍する生粋のニセコローカル渡辺大介
滑りの技術はもちろん、そのユーモア溢れる滑りを一度見ると2度と忘れる事はない大介に、今シーズンお勧めしたいボードを聞いちゃいました

special effects

「最高のone line」

このボードの何よりの特徴は、ボードの先端がk2では初の試みとなる3D形状になっていて、エッジング操作がメチャクチャ楽になるんですよ!しかもボリュームシフトを採用しているから、ワンサイズ短く選ぶのがオススメ!
パウダーでの浮遊感
走破性はもちろんなんですが、朝一のグルーミングが最高に最高です。エッジングのスムース感。そしてスピードが出てもバタつかないしっかりとしたフレックスターンの新しい発見と面白さが見つかるそんなボードです。

instrument

JAPAN FREERIDE OPENで優勝した時のボードでもあって、ここぞという時に頼れるボードです。ゲレンデやバックカントリー、フィールドを選ばない万能なディレクショナルボードです。滑走性はもちろん、ミディアムフレックスに加えセンター 幅が広めなんでワンサイズ長いボードを僕は選んでます。長いボードでもしっかり トーションを使って滑りたい人におすすめです。

渡辺大介 / Daisuke Watanabe
1993年2月21日北海道倶知安町出身
身長 178cm 体重 70kg ニセコの大きな山の麓で伸び伸びと育ち、5歳でスノーボードと出会い、ヒラフのロングバーンで足腰を鍛えた。中学からクロスをはじめ、高校では長野で行われ たFISレースにて高校生として初の優勝を飾りジュニアナショナルチーム入り。シニアになってからも活躍を続け、ナショナルチーム、日本代表としてW杯を転戦する。 大学卒業を機に、もともと大好きだったフリースタイルの道を歩みだすと同時にK2 Snowboardingに加入する。近年では Fight for Libartyでの撮影活動もおこない、K2のインターナショナルトリップにも参加するなど、活動の幅を世界に広げている。
スポンサー:
K2 SnowboardingHorsefeathersSmith OpticsAshramBodysighnGraubundenニセコグランヒラフ、お花歯科、よーじやDeath lensBonx株式会社ウェッジホールディングス

レッツゴースノーボード!のハウツーDVD①②③④好評発売中!
上達への近道をして限りあるスノボ時間をより有意義に!!
詳しくはこちら

待望のハウツーDVD第4弾リリース! 日頃の滑りにジャンプを取り入れよう! 税込み、送料込み3300円
詳細はこちら

日頃の滑りが楽しくなる!!フリーランの基本と応用がたっぷり詰まった超実践的ハウツーDVD2本セット 税込み、送料込み5980円
詳しくはこちら

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて