レッツゴースノーボード

ハウツー記事地形遊びフリーラン

コースの段差でBSリップスライド

地形を使ってさらりとグラトリしよう

コース脇は圧雪車が通った段差ができる場合があります。これは絶好の遊びポイント!段差が小さい場合は、出来るグラトリを仕掛けてみましょう。

1 どこでスライドするかを明確にしておこう

コース 脇 段差 スライド グラトリ

この手の段差でスライドを仕掛ける場合、斜めに入って斜めにアウトする軌道を取ってみましょう。その際スライドの場所を明確に決めておけば、アプローチのライン取りがイメージしやすくなるはずです。フリーランでターンをたくさん行って、細かいエッジ操作をできるようにしておきましょう。

2 段差のラインとボードを平行にしてスライド

コース 脇 段差 スライド グラトリ

軽くオーリーをしたら後ろの肩を後方へ引き上げながら、まずはボードと段差の角のラインを平行にしていきましょう。平行になった時点で後ろ肩をテンポよく前方へツイストさせ、その反動で後ろ足をかかと方向に押し出します。この時ややつま先加重で押し出すとよいでしょう。ヒールエッジが引っ掛からないように気をつけながら、グイグイと押し出してみましょう。

3 可能な限りスライドをキープしよう

コース 脇 段差 スライド

上手く段差の角をとらえることができたら、上半身のツイストを維持しながらできるだけ長くスライドさせていきましょう。このとき腰の位置が高すぎるとヒールエッジが引っ掛かり前へ吹っ飛んでしまいます。スピードをある程度利用しながら、やや(ほんの少し)つま先に加重して、積極的にボードを踏み込んでいくとよいでしょう。

4 リズミカルに元の体勢に戻ろう。

コース 脇 段差 スライド

スライド出来る限界まできたら、アウトする方向を見続けながらひねっていた上半身を元に戻します。リズムよく上半身を動かすことで、下半身にも反動がすぐ伝わり、板をまっすぐ戻しやすくなるでしょう。進んでいく方向に対してボードが真っすぐになったら、腰をかがめて雪面を踏み込み、回転の惰性を確実に消していくとよいでしょう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUTウエア・期間限定セール開催!

定価ですでにお求めやすいライドアウトウエアを、さらにお得にゲットできるチャンス!期間限定の全品30%OFFセールを実施中です。この機会をお見逃し無く!

コース脇の壁で遊ぶ

地形遊び一覧ページはこちら

ちょっとした段差で遊ぶ

リフトの支柱付近で遊ぶ

まだまだ地形で遊ぶ

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて