レッツゴースノーボード

ハウツー記事パーク初心者入門

ドラム缶に当て込もう

創造力を駆使して楽しもう

当て込み系アイテムはたいていはリップが付いていて、正しいスピードで適度なオーリーをかければ安全に飛ぶ超せるはずです。何度か飛び越して恐怖感が薄れてきたら、創造力を働かせて色んな楽しみ方にチャレンジしてみましょう。

①まずはまっすぐ当て込んでみる

スノーボード ドラム缶 当て込み 遊び方

まずはストレートエアを応用させてアイテムにまっすぐ進入してみましょう。飛び越す自信のない人は踏み切る位置をずらしてアイテムに当たらない軌道で飛んでみるといいでしょう。余裕を持って安全にアイテムを超せるようになったらいよいよ板を当て込んでみます。写真ではノーズ部分で当て込んでいますが、初めはテール部分でトライした方が、重心がずれにくいのでより安全です。最も注意すべきポイントは、当て込んだ直後の体のブレでしょう。ボードがアイテムに触れると重心が少しずつ前へとずれていきますので、両肩をうまく浮かせて重心のずれをできるだけ戻しすようにしましょう。

②自分ができるスピンを応用してみる

ドラム缶 遊び方

ストレートエアでアイテムに安定して当て込めるようになったら、次は自分がキッカーでできるスピントリックを応用させてみましょう。この場合も最初は、当て込むのではなく飛び越すことから始めた方が、安全にトリックを習得しやすくなるでしょう。写真のようにFS360で当て込む場合は、踏み切り時にやや体を残してスピンを仕掛け、180を過ぎた頃に前足を蹴り出してノーズ部分で当て込んでみましょう。スピントリックの場合もアイテムに当て込んだ直後は、少なからず重心が前に持っていかれますので注意しましょう。

③スピン中に手をついてみる

ボードをコツンと当て込むだけに飽きてきたら、もっと体をまくらせて、アイテムに手をついてみましょう。ただしスピードが速いと体が後傾のまま飛び過ぎたり、反対にスピードが足りないと手や腕を痛めてしまう恐れがあります。スピンしながらの自分のジャンプの軌道を、きちんとイメージ出来るようになってからチャレンジするようにしましょう。空中でアイテムに手をつくためには、体軸を斜めにずらしていく必要があります。踏み切りでは両肩をスピン方向にひねりながら、体をやや倒して のぞみましょう。空中ではグラブをしながら体をコンパクトに保ち、目線を後方下に送りながらアイテムの真上でグラブしてない手をテンポ良くつきます。アイテムから手を押し出すように離せば、回転力が失われずに着地への動作を行えるでしょう。一連の流れで目線は止めず、常に先へ送っておくことが大切です。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

パークキッカー基礎編

キッカートリックはこちら

ボックス基礎編

その他パーク関連記事

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて