レッツゴースノーボード

ハウツー記事スノーボードでグラトリ

初心者必見!初めてのバックサイド180①

まずはターンの延長でBS180

前方が一度見えなくなるバックサイド180も、初めは飛ばずにトライして感覚を掴み、基本からステップアップさせていきましょう。

1 バランスよくつま先に加重していく。

スノボ グラトリ 初心者 簡単 バックサイド180

初めはどちらのエッジにも乗らずに真っすぐ進み、まずは重心をボードの真上で安定させましょう。その上で徐々に膝を曲げてつま先のエッジに加重していきます。この時上半身を一緒に倒してしまうとすぐに前側へ倒れてしまうので、膝を柔らかく保ち下半身だけでエッジを掛けるようにしましょう。目線は下を見るのではなく進行方向に送ることがポイントです。

2 上体を浮かせて板を回し出す

スノボ グラトリ 初心者 簡単 バックサイド180

つま先に乗ることで板がターンし始めたら、その力をスピンへ変えていきます。両肩を引き上げながら体を浮かせ、体全体を軽く保つことで、ボードはストレスなく回転し始めるでしょう。下半身を使い、つま先に乗りながらボードを後ろに蹴り出すとよいでしょう。視界から前方が一度消えすが、ジャンプしている訳ではないので怖がらずにリラックスして回し込みましょう。

3 かかと側のエッジは厳禁!

スノボ グラトリ 初心者 簡単 バックサイド180

ボードが回りだしてから気をつけて欲しいのが逆エッジです。板を雪面に対してフラットにキープしながら回し込むのが理想ですが、この時変に膝が棒立ちになっていたり、腰の位置が高すぎると、不意にヒールエッジが雪面に食い込み逆エッジを招きかねません。アプローチから引き続き膝を柔らかく保っておけば、板と体との間に遊びが生まれて、急なエッジが掛かることはなくなるでしょう。ボードが180したら目線を徐々に前へ向けて、基本姿勢へと体を戻していきましょう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUTウエア・期間限定セール開催!

定価ですでにお求めやすいライドアウトウエアを、さらにお得にゲットできるチャンス!期間限定の全品30%OFFセールを実施中です。この機会をお見逃し無く!

グラトリ 初級編&基本トリック

グラトリ一覧ページはこちら

グラトリ スピン系トリック

グラトリ コンボ系トリック その他

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて