レッツゴースノーボード

ハウツー記事地形遊びフリーラン

ゲレンデ地形でFS360

地形を見極めて楽にスピンしよう

ゲレンデを注意深く観察して、スピンしやすい魅力的な地形を見つけてみましょう。例えば写真のような、ヒールエッジをかけ続けながら登っていくアイテムでは、踏み切り方を慎重に行えば驚くほど楽に回転することができるはずです。

飛べる地形をどんどん見つけていこう

コース内にはスピン出来る地形がどこかに潜んでいます。例えばウェーブの脇だったり、自然に出来たコブだったり、エッジをかけながら上っていけそうなポイントを注意深く探してみましょう。スピントリックは、そんなにスピードが出ていない場合は、エッジにある程度頼った方が楽に仕掛けられます。飛べそうな場所に出くわしたら、そこにたどり着くまでのライン取りをしっかりとイメージしていきましょう。

【踏み切り】板がずれても上に飛ぶことを忘れずに!

FS360の場合、ヒールエッジに加重しながら徐々に上半身をスピン方向に先行させて準備していきますが、リップを上りきるまでは極力まっすぐ進むように努めましょう。上半身はひねりながらも、下半身でボードを押さえつけておくとよいでしょう。例え踏み切りの前にエッジが回転方向にずれ出しても、オーリーを真上に掛けて上に飛ぶことが大切です。


【空中姿勢】下半身を引き付け目線を後方へ

空中に飛び出したらオーリーのパワーを活かしながら膝を胸側へ引き付けていきましょう。目線は着地方向で止めずに、エアのピークにかけて後方へと流していきます。早蹴りをしてしまった場合は、この目線を送るタイミングを遅くすることで、ある程度回転をコントロールすることが出来ます。

【着地】ランディング斜面にボードを上手く合わせる

エアのピークを過ぎたら着地の準備を始めますが、このようなゲレンデ地形の多くが、ジャンプの方向とコースの方向が合っていません。そこは飛ぶ前から念頭に置いておき、着地の斜面にボードを上手く合わせられるようになりましょう。写真の場合、着地の瞬間にトゥエッジに加重して、上手くコースの斜面に会わせているのが分かります。

色んな地形でトライして応用力を養おう。

ゲレンデ地形 遊び方 スピン

慣れてきたらゲレンデ内の様々な場所でFS360を試してみましょう。アイテムによってライン取りの仕方や踏み切り方は全て違います。どれくらいエッジに頼るべきか、どれくらいオーリーを踏むべきか、とにかく数をこなして経験値を上げていきましょう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

コース脇の壁で遊ぶ

地形遊び一覧ページはこちら

ちょっとした段差で遊ぶ

リフトの支柱付近で遊ぶ

まだまだ地形で遊ぶ

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて