レッツゴースノーボード

ハウツー記事地形遊びフリーラン

横壁の上り下り(フロントサイド)

コースサイドで3Dの感覚を養おう

コース脇の壁は、「縦」「横」というボードの動きの他に、「高さ」という感覚を感じることがでます。平らなコースを滑るのに慣れたら、壁を見つけて積極的に登り降りしてみましょう。

1 いざ壁へ 軌道を描いてアプローチ

自分が通るラインをイメージできたら、その軌道に沿って壁に進入しよう。目線は先へ先へと送るように心掛けること。特に壁の入り口は姿勢を崩しやすいので、しっかりと目で見て形状を把握するようにしよう。入り口に差し掛かる頃には目線は、思い描いたラインのピークに向けると良い。重心は常にボードの真上に乗せておくこと。

2 斜度の変わり目に負けるな

壁の入り口では斜度の変わり目でGがかかるので、余計な重心移動はせずにしっかりとボードに加重しよう。姿勢を低く保ちバランスを崩さないように心掛けること。斜面を登り始めたらボードへの加重を緩め、上半身を高い位置に保つようにする。体を後ろへ少し倒してボードをフラットにして壁を登るといい。

3 ピークで抜重から加重に切り替える

軌道のピークに差し掛かる前に、目線は壁の出口に向けておくこと。壁を登りきったらエッジを切り返し、下りでは上半身を沈め膝を曲げて、再びボードに体重を乗せていこう。体重をボードにうまく乗せることが出来れば、スピードを速くすることが出来る。

4 周囲に気をつけて壁を降りよう。

斜度の変わり目に注意しながら壁を降りきろう。コースに戻るときに他のスノーボーダーとぶつからないように注意すること。壁がまだ続いていたらコース内で体勢を整え、連続して壁にアタックしてみよう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

コース脇の壁で遊ぶ

地形遊び一覧ページはこちら

ちょっとした段差で遊ぶ

リフトの支柱付近で遊ぶ

まだまだ地形で遊ぶ

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて