レッツゴースノーボード

ハウツー記事地形遊びフリーラン

リフトの支柱脇の起伏でジャンプ

周囲に気をつけてジャンプを仕掛けよう

コース内にリフトの支柱を見つけたら、注意深くその周囲を観察してみましょう。もしかしたら飛べそうな凹凸があるかもしれません。何となく遊べそうなにおいを感知したら、周囲を見ながら突っ込んでみましょう。

1 凹凸だけでなく着地周辺も見よう

リフト下で遊ぶ

リフト下のジャンプスポットは、ゲレンデの斜面に対して真横にアプローチするものが多い。本人はこれからジャンプすると意気込んでいても、周囲のスキーヤー、スノーボーダーにとっては危険な存在なりかねないのだ。アプローチでは飛び出し口だけでなく、広い視野で周りを確認しておこう。

2 一本目は慎重になろう

リフト下で遊ぶ

この手の凹凸は、本来人がジャンプするために出来ているわけではない。もしかしたら飛び出し口が傾いていたり、変な雪質だったりするかもしれない。一本目はリップを少し疑いながら、身長に踏み切るようにしよう。ボードは極力エッジをかけずに、上半身も使って踏み切るようにしよう。

3 踏み切りの善し悪しを、早めに感知する

リフト下で遊ぶ

オーリーがうまくいったかどうかは、空中に出ればすぐに分かる。スムーズにボードが引き上がってきたら、そのままお腹に力を入れて板を引きつけていこう。体が前のめりになったり板より遅れたりする場合は、上半身を死に物狂いで動かし、着地で転ばないように努めよう。いずれにせよ空中に出て、すぐに判断をすることが大切。

4 着地斜面の向きに注意!

リフト下で遊ぶ

斜面を横切るようにして飛んだ場合、どうしても着地でどちらかのエッジがかかってしまう。飛ぶ前にそのことは頭に入れておくこと。つま先、膝への負担を最大限軽くする為にも、なるべく体全体をバネのように曲げて衝撃を吸収しよう。

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて