レッツゴースノーボード

道具ギアウエア,ゴーグル,グローブ他

スノーボードのグローブの種類

正しく選んで手元を快適に保とう

スノーボードで両手を使う機会は多いです。ビンディングを締める時、立ち上がる時、空中でグラブする時。グローブはあらゆる場面であらゆるものに触れるので、もしかするとウエアよりも防水性、耐久性が必要なのかもしれません。 ここではいくつかあるグローブの種類をご紹介します。

グローブには何種類かタイプがある。

グローブにはいくつか種類があります。滑る時期や用途に合わせて、自分にふさわしいグローブをチョイスしていきましょう。

5フィンガータイプ

文字通り5本指のグローブで、おそらくもっとも出回っているのがこのタイプでしょう。5本の指を全て自由に動かすことが出来るので、グローブを装着しながらある程度の細かい手作業を行うことが出来るはずです。何を買うか迷っている方や初心者の方は、5フィンガータイプをチョイスして間違いないでしょう。グローブの中にインナーが入っているタイプと入っていないタイプがあります。

ミトンタイプ

野球で使うミトンのように、親指だけが独立していてそれ以外の指は一つに繋がっているタイプがミトングローブです。一見親指以外は全てくっついていても、グローブ内では個々の指を別々に入れられるタイプのものが多いです。グローブ装着中は4本の指が触れ合っていますので、5フィンガータイプよりも暖かいですが、細かい作業を行うのには慣れとコツが必要になります。見た目がかわいいので、好んでミトングローブを使い人も多いです。

スプリンググローブ(パイプグローブ)

春先の暖かい季節に涼しく使えるように、生地自体を薄くして作られたのがスプリンググローブです。通気性がよくグローブ内も蒸れにくいので、ハーフパイプなどの手に汗握る種目でその威力を発揮することから「パイプグローブ」と呼ばれることもあります。トップシーズンの寒いときに使うと寒く感じるかもしれませんが、最近では抜群の防水性と耐水性を兼ね備えたスプリンググローブも出ています。

インナーグローブ

グローブの内側にはめるインナーグローブは、ウエアの下に着るファーストレイヤーと効果が似ていて、あると無いとでは手の暖かさが全然違ってきます。北海道など極寒エリアに滑りに行く際は、インアーグローブを持っておくと非常に心強いでしょう。また、例えばリフトに乗車中に急な電話がかかってきた時などは、アウターのグローブを外してもある程度の保温力があるので、手が寒さでかじかまないのもインナーグローブの嬉しいメリットです

関連記事:ブーツの種類と選び方

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

ウエア、ゴーグル、グローブ記事一覧

道具ギアカテゴリー一覧

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて