レッツゴースノーボード

ハウツー記事スノーボードでグラトリ

グラトリ初心者が知っておくべきこと

怪我せず楽しく上手くなるには

グラトリは平地であまりスピードを出さずに行うとはいえ、遊び方を一歩間違えると思わぬクラッシュや怪我を招いてしまう場合があります。ここではとくに初心者の方に知っておいてほしい知識やアドバイスをご紹介します。

周りをよく見て楽しもう

グラトリをしている滑り手は、時に後方からくるスキーヤーやスノーボーダーの滑走の妨げになってしまうことがあります。特にエッジをかけてコースを横切るようにグラトリを仕掛ける場合は細心の注意が必要です。どんなに上手なスキーヤー、スノーボーダーでも、目の前で突然進路を変えられると、対処するのはとても困難です。思わぬ事故や怪我を未然に防ぐためにも、できればトリックを仕掛ける前に後ろを振り返り、自分のみの安全を確保するようにしましょう。

グラトリは絶対に安全という訳ではない

スノボ グラトリ 初心者 簡単 フロントサイド180

「グラトリは絶対に怪我しないか?」残念ながらそうではありません。前述の接触事故の危険はもちろん、ほんのささいな転倒で、打撲や捻挫、最悪骨折してしまうこともあります。なぜならグラトリは緩斜面で行うことが多いですが、緩斜面こそ転んだ時の衝撃が外へ逃げにくいからです。たいていは転んでも笑ってすむことが多いですが、打ちどころが悪いと重大な痛手を負おってしまいかねません。滑る前によくストレッチをして、転んでも手などを巻き込まないようにイメージしておく等。楽しむ反面気を引き締めてトライすることも忘れずにしましょう。

雪質でグラトリの難易度は変わる

春のシャバ雪やザラメ雪では転んでも体へのダメージが少ない反面、ボードが沈むのでトリックの出だしがやや難しくなるでしょう。反対にハイシーズンの締まった雪や固い雪はオーリーやプレスなどのアクションが安定しますが、転ぶとやっぱり痛いです。パウダーではトリックを仕掛けるのにある程度のスピードが必要で、トリックの最中にも体のポジションに気を配らないとボードが刺さってしまいます。グラトリは雪質によって難易度や技の仕掛け方が変わってくるので、雪質に合わせてトリックを仕掛ける強さやタイミングを確かめてみるとよいでしょう。

ボードやスタンスによってトリックの出しやすさは変わる

スノボ グラトリ 初心者 簡単 フロントサイド180

ボードの長さや柔らかさ、キャンバーの構造によって、トリックの仕掛けやすさは大きく変わってくるでしょう。(詳しくはグラトリに最適な板ってどんな板?でもご紹介しています)。
また設定するスタンスによってもやりやすさは変わってくるので、グラトリをより上達させるために、頻繁にスタンスをいじってトリックを仕掛けやすい理想のスタンスを探ってみるとよいでしょう。

参考ページ:
グラトリに最適な板ってどんな板?
グラトリにふさわしいスタンスってどのくらい?

フリーランをたくさんすると結果グラトリも上達する

グラトリだけを練習してグラトリを上達させるよりは、途中でフリーランも織り交ぜてグラトリにのぞんだほうが、サイト管理人の経験上、結果的にグラトリの上達スピードも上がると思います。グラトリをたくさんやっていくと確かに細かいボードさばきを覚えられますが、フリーランの中には、スノーボードの基礎中の基礎となるターン時のエッジコントロールを養うことが出来ます。ターンで得られる基礎的なボードコントロールの習得とグラトリでの細かい板さばき、この両方をまんべんなく培って、精度の高いグラトリにを身につけていくとよいでしょう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUTウエア・期間限定セール開催!

定価ですでにお求めやすいライドアウトウエアを、さらにお得にゲットできるチャンス!期間限定の全品30%OFFセールを実施中です。この機会をお見逃し無く!

グラトリ 初級編&基本トリック

グラトリ一覧ページはこちら

グラトリ スピン系トリック

グラトリ コンボ系トリック その他

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて