レッツゴースノーボード

ハウツー記事初心者入門

スケーティングの止まりかた&失敗例(後ろ向き)

色んな止まり方を覚えておこう

初心者にはやや難易度の高い止まり方ですが、片足で滑っている時のボードはとても不安定です。予期せぬボードの動きに対応する為に、ぜひやり方は頭に入れておきましょう。

慌てずゆっくり自分を信じて!

①まずは真っすぐ数メートル進んで、体の重心を安定させましょう。重心が安定したら、目線を後方に向け、両肩をボードと平行に保ちながら後方へひねります。前が見えなくて怖くても、腰の位置はボードの真上にキープすることが大切です。

②膝をやわらかく保ちながら体をつま先側に少しずつ倒していきましょう。トゥエッジに力が伝わりはじめ、ボードは徐々に真横に向き出します。ボードがなかなか真横を向かなくても焦るのは禁物。余計な力を与えずに、板が動き出すのを待ちましょう。後ろ肩の位置を高く保っておくことが大切です。

③ボードが横を向き始めたら、膝を曲げてさらにトゥエッジに加重しましょう。ただし膝を曲げる時は、腰の位置をボードの真上にキープしておくこと。腰ごと前傾させてしまうと前へツルッと転んでしまう危険があります。

④ボードが止まるまでつま先に加重し続けましょう。ボードが止まったら後ろ足をボードのデッキから降ろして雪面を強く踏みつけ、完全にボードをストップさせましょう。

【失敗例】からだを倒し過ぎて前に転ぶ

トゥエッジを使って止まる失敗例

ボードを早く真横に向けようと焦ってしまうと、つい上半身を必要以上に倒してしまいがちです。体を倒し過ぎると、写真のようにバランスを失いお腹側に転倒してしまいます。ボードがなかなか曲がらない時は体を倒そうとするのではなく、むしろ両肩の位置を高く保ちながら膝を曲げていくといいでしょう。どうしても曲がれない人は初めからやりなおし、曲がる前に両肩を後ろへ強くひねってみると良いでしょう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUTウエア・期間限定セール開催!

定価ですでにお求めやすいライドアウトウエアを、さらにお得にゲットできるチャンス!期間限定の全品30%OFFセールを実施中です。この機会をお見逃し無く!

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて