レッツゴースノーボード

ハウツー記事初心者入門

スケーティングで横移動(前向きで左へ)

片足で自由に動けるようになろう

スケーティングである程度の横移動ができるようになると、リフトの乗り降りや平面な場所での移動が格段にやりやすくなります。まずは片足で自由自在に動けるようになりましょう。

スケーティングで横移動(後ろ向きで右へ)

①まずは進行方向が全て見えるヒールエッジでの横移動を覚えましょう。ただし、必ず上体がボードの上で安定してから移動を開始すること。重心がボードの真上にないまま横移動を仕掛けると、バランスをすぐに崩して転んでしまいます。まっすぐ数メートル進んでから横に移動しはじめるようにしましょう

②写真のように、後ろ足をややかかと側に乗せるとターンしやすくなります。まっすぐ進んでいる間は後ろ足をつま先側に加重して、意図せず曲がっていくのを防ぎます。目線を徐々に曲がりたい方向に向けていきましょう。

③曲がりたい方向に目線を送ったら、両肩を目線方向と平行になるように先行させていきましょう。目線と両肩が曲がりたい方向に先行していれば、下半身への力の伝達がスムーズになるでしょう。

④からだを後ろ側へ若干倒していき、両足を使ってヒールエッジに加重していきます。ボードが横移動を始めても焦らずに目線を遠くへ置くことが大切です。 ボードをの動きを止めたい場合は膝を曲げてさらにヒールエッジに加重しましょう。

トゥエッジで(つま先側のエッジで)移動

スケーティングで横移動 つま先

①ヒールサイドと同様に、今度はトゥエッジを踏み込んで逆側に横移動してみましょう。トゥエッジを使って横移動する場合、進行方向に対して背を向けることになりますが、少しでも怖がると体が引けて逆に危険です。怖くても冷静に、横移動を仕掛けるようにしましょう。

②必ずボードの上で重心が安定してからターンを仕掛けること。曲がる前にすでにバランスが崩れていては、、スムーズに横移動を行うことは不可能です。

③曲がりたい方向を見ながらゆっくりとつま先に加重していきます。後ろ足を乗せる位置は、写真のようにややつま先側寄りにしておくとエッジ加重が楽に行えます。

④上半身をやや前傾にし、膝をしっかりと曲げてトゥエッジを押さえつけます。意地でもヒールエッジには加重しないようにしましょう。かといって上体を前に倒し過ぎるとバランスを崩して前へ転んでしまいます。バランスは上半身で取りつつ、下半身を使ってボードをコントロールしましょう。

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて