レッツゴースノーボード

ハウツー記事初心者入門

上手く立ち上がれない時の対処法

片手でエッジをつかんで立ってみよう

初めのうちは両手だけの反動で一気に立ち上がれなかったり、立ち上がろうとするとボードが勝手に動いてバランスをすぐに崩してしまったりすることがあります。そんな時は片手でつま先のエッジを掴み、もう一つの手で雪面をグッと押して立ち上がってみましょう。

①両手でうまく立てない場合は、どちらかの手をトゥエッジに添えて立ち上がりましょう。そうすれば立つ時にボードが流れてしまうのを防ぐことが出来ます。

②片手で雪面を支え、反動を利用して体を起こします。

③上半身が安定してきたら、添えていた手を離して一気に立ち上がりましょう。

④立ち上がったら上半身でバランスを整え、ボードを斜面に対して真横に向けましょう。

それでも立てない場合は?

方向転換を覚えてつま先側で立ち上がろう。

スノーボード 立ち方

うまく立てない場合は、ヒールエッジを使って立つのを一度やめて、トゥサイドのエッジを使って立ってみましょう。 ヒールエッジを使って立つときは斜面の谷側を向いていましたが、つま先で起き上がる場合はからだを山側へ向ける必要があります。まずは体の向きを転換させる方法を習得しましょう。

①ボードを履いたまま雪面に仰向けに寝転びます。

②背中は雪面にくっつけたまま、下半身をひねってボードの向きを変えていきます。

③ボードと下半身の方向転換がうまくいったら、上半身もひねって向きを変えましょう。  
④膝を曲げてからだをボードに近づけ、両手を雪面につきながら板が雪面に対して真横に向くように調整しましょう。 これで方向転換は完了です。

スノーボード 立ち方 両足 後ろ向き

次につま先のエッジを使って体を起こしていきます。一般的に、ヒールエッジを使って立つよりトゥサイドのエッジを使った方が楽に起き上がれますが、起き上がったあと体は斜面に対して後ろを向くことになるので、ボードが勝手に動き出さないようにしっかりとボードを押さえつけることが必要になってきます

①膝を曲げ、腰の位置をボードに近づけてから雪面に両手をつきます。体をボードに近づければ近づけるほど、安定して起き上がることが出来ます。

②両手、トゥサイドエッジの3点で雪面をしっかり押さえつけ、素早く立ち上がりましょう。

③腰の位置がボードの真上まで上がってきたら雪面から両手を離し、上半身をゆっくりと起こしていきます。

④完全に立ち上がることができたら両肩を高い位置に保ちながら両手を広げてバランスを取り、つま先に加重してボードが動かないようにしましょう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて