レッツゴースノーボード

ハウツー記事スノーボードでグラトリ

ハーフキャブ(トゥ抜け・スイッチFS180)

つま先のエッジをかけて踏み切ってみよう

「トゥ抜け」とは文字通り「つま先側のエッジ(トゥエッジ)で踏み切ること」を指します 。「男気あふれるトゥ抜け」と称される踏み切り方法を、まずはグラトリで学んでいきましょう。

1 踏み切りによる空中での違いを理解しておく

グラトリ ハーフキャブ・トゥ抜け(スイッチFS180)

ヒールエッジで踏み切るのと、トゥエッジで踏み切るのとでは何が違うのでしょうか?一番大きな違いは、空中に飛び出てからの体の位置でしょう。ヒール抜けの場合は、ボードがターンする力を利用するので、踏み切り直後は体よりボードの方が前に来ます。一方でトゥ抜けの場合、上体をやや投げて飛び出すので、空中では最初は板より体の方が前にあるでしょう。 この事を理解した上で次項で踏み切りを見ていきましょう。

2 グラトリでは多少大げさに踏み切ろう

グラトリ ノーリー ハーフキャブ・トゥ抜け(スイッチFS180)

技を仕掛けたいポイントが近付いてきたら、つま先のエッジで雪面を踏み込みながら、後ろ肩をスピン方向に回し込み、上半身を前方へ投げ出すようにして踏み切ろう。スピードの遅いグラトリでは、多少大げさに体を投げた方が回転力を生み出しやすい。ただし体を投げっぱなしにするのではなく、しっかり踏み切ってボード自体も持ち上げていこう。

3 空中で下半身を回し込もう

グラトリ ノーリー バックサイド180

空中に出てからしばらくは、体の軸が前寄りになっている。ボードより上半身の方が回転方向に先行しているのだ。少し危険な体勢ではあるが、ビビらずに下半身を回し込んでいこう。ボードが回転していくと、体軸は自然な位置に戻ってくる。

4 積極的に雪面に加重して着地

グラトリ ハーフキャブ・トゥ抜け(スイッチFS180)

体を投げ飛ばしている分、着地ではある程度の衝撃が加わってくる。せっかく豪快に踏み切りを行ったのだから、ランディングもパワフルに行うようにしよう。ボードを雪面にしっかりと踏みつけ、回転の惰性を完全に殺すようにしよう。

待望のハウツーDVD第2弾リリース! フリーランが楽しくなる!もっとスノーボードしたくなる! 税込み、送料込み3300円
DVD詳細はこちら

一気にスノボにハマる!?スノーボードを安全に楽しく上達させ、遊び方の幅を広げるお得なDVD2本セット。! 税込み、送料込み4980円
詳しくはこちら

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて