レッツゴースノーボード

北海道に滑りに行こう

行き先のスキー場を決めよう

/

まずは新千歳空港を利用するのが無難、でも旭川空港も近い!

一言で北海道のスキー場と言っても、国土面積が果てしなく広い「でっかいどう」では、その至るところにスキーリゾートが点在しています。地図には一部しか載っていませんが、実際には北海道には100以上のスキー場があるのです。

有名ゲレンデの場所と特徴を知っておこう

よく耳にする有名なゲレンデは、実は新千歳空港から車で2,3時間圏内にあるので、まずは新千歳空港をベースに旅のプランを組み立てていくとよいでしょう。
旭川空港周辺にも、富良野スキー場など有名なリゾートがあります。「道北・旭川」と聞くと何だかとっても遠いイメージがありますが、実は羽田からのフライト時間はさほど変わらないのです。しかも1時間車を走らせるだけで目的のゲレンデに着いてしまうことも・・。考え方を変えれば、いきなり旭川に行ってもいいのかも知れません。

アクセス、景観、雪質すべてが抜群の「サッポロテイネ」

札幌五輪も開催された「手稲山」に広がる、標高1000m以上の本格ゲレンデ・サッポロテイネ。新千歳空港から1時間弱、札幌中心部から30分、手稲インターから10分足らずとアクセス抜群ながら、その圧倒的な雪の良さと豊富な地形、滑り応え満点のコースで札幌近郊のスノーボーダー、スキーヤーから愛され続けている由緒正しきリゾートです。良質なパウダーを滑りながらも、キレイな圧雪バーンでのターンの練習や地形遊びも楽しみたい人におすすめ。大小様々なアイテムが散りばめられたテレインパークやビギナークロスコースなども充実し、バラエティに富んだスノーボードを楽しめます。


スキー場は一つではない「ニセコエリア」

当サイトでもロケ地として頻繁に登場してくるのが「ニセコ」です。数年前より外国人観光客が多数訪れるようになり、今では世界有数のパウダーリゾートとなりつつあります。一言でニセコと言ってもゲレンデは一つではありません。正確に言うと「ニセコアンヌプリ」という一つの大きな山に、4つのゲレンデ(ニセコグランヒラフ、ニセコHANAZONO、ニセコビレッジ、ニセコアンヌプリ)があって、これらが「NISEKO UNITED」という一大リゾートを形成しているのです。それ以外にもいくつかスキー場があり、滑る場所には事欠かないでしょう。


札幌市内から好アクセスの「札幌国際スキー場」

「札幌の奥座敷」とも呼ばれる定山渓温泉から、山間の道を30分ほど上ると現れてくるのが札幌国際スキー場です。市の中心部からでも1時間で到着してしまうアクセスの良さで人気を集めています。ゴンドラでスキー場のトップまで連れていってくれるので、寒さに煩わされること無くパウダースノーを満喫できるはずです。(といっても十分寒いです)。北海道らしいパウダーと、札幌での魅惑のナイトライフを両立させたい方にはもってこいのゲレンデと言えるでしょう。


観覧車が目印のビッグリゾート「ルスツ」

ニセコから羊蹄山を挟んだ反対側に位置するのが「ルスツリゾート」です。夏期は遊園地としても営業しているので、ホワイトスノーと観覧車とのコラボレーションが、何ともファンタスティックな景観を生み出しています。(冬期は乗れません)ニセコエリアほどの混雑は無く、圧雪車の行き届いた縦に長いピステンバーンがとにかく気持ちのいいゲレンデです。ほぼ全てのリフトに雪よけのフードと足掛けが付いているので、快適なゲレンデクルージングが楽しめることでしょう。


実は札幌国際の真裏!小樽から近い「キロロリゾート」

新千歳空港から車で約2時間、小樽からは40分の距離にあり、ルスツやニセコと並んで札幌近郊の人気ゲレンデなのが「キロロリゾート」です。ここ数年は当たり年で、他のエリアのゲレンデが雪の降っていない時に、キロロは大当たり!なんて日が多く続きました。小樽からニセコに抜ける峠道・国道393号線のトップにあり、実は札幌国際スキー場の真裏に位置しています。ホテル(3棟)や温泉施設もあるので若い女性やカップルにも人気のゲレンデです。


道東自動車道開通でグッと近くなった「トマム」

トマムは新千歳、旭川、帯広の3つの空港を結ぶ三角形のほぼ中心に位置するグッドロケーションのスキー場。中でも道東自動車道が開通したことで、新千歳空港から何と85分でアクセスが可能になり、グッと近くなりました。札幌近郊エリアよりも気温はさらに低く、そのため雪質もさらさら。またゲレンデ内に「雪山解放エリア」を設けてあり、受付をすればスキー場エリア内でバックカントリー気分を味わうことが出来る素晴らしいゲレンデです。またエリア内には室内プールやアイスビレッジ等のアフタースノーの施設も充実。朝から晩までリゾーチ気分を味わえるのがトマムの特徴です。


寒い分雪質もいい「富良野スキー場」

北海道の北の玄関口・旭川空港から車で南下すること1時間のところに富良野スキー場は位置しています。日本海寄りのスキー場のように、ドカッと豪雪!という雪の降り方ではありませんが、気温がものすごく低い分、前日までに降ったパウダースノーが風に舞われて、新雪と同じような状態にリセットされるという、ものすごい現象が起きるゲレンデです。リフト券も一日券のほかに2時間券、3時間券、4時間券など嬉しいチケットもあり、ロープウェーがもの凄く速いので、サクサクとクルージングを楽しめる素晴らしいスキー場です。


「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUTウエア・期間限定セール開催!

定価ですでにお求めやすいライドアウトウエアを、さらにお得にゲットできるチャンス!期間限定の全品30%OFFセールを実施中です。この機会をお見逃し無く!

北海道の記事一覧

北海道一覧ページはこちら

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて