レッツゴースノーボード

ハウツー記事ジャンプ初心者入門

地形の凹凸でインディグラブ

ジャンプにひとあじ加えよう

安定した空中姿勢が保てるようになってきたら、今度はボードを掴んでみよう。まずは後ろ手でつま先のエッジを掴む「インディ」グラブに挑戦してみよう。

1 グラブを意識せずに進入

グラブをしない時と同じように、リラックスしてまっすぐアプローチしよう。アプローチ時はグラブのことを意識しすぎないこと。掴むことばかり考えてしまうとアプローチの姿勢がおろそかになって、空中でバランスを崩してしまう。

2 踏み切ることに集中する

滞空時間を稼ぐために、しっかりとリップの先端まで踏み切りを我慢し、上半身もしっかり使って強くオーリーを掛けよう。この時もグラブを意識せず後ろ足を踏み切ることに集中すること。

3 自ら掴みにいかない

きちんとオーリーが出来れば、空中でボードは自分側に引き付いてくる。空中で自らエッジを掴みにいくのではなく、自分の近くまで引き付いてきたエッジに手を添えるようにすること。グラブは「掴みにいく」のではなく、「ボードが掴まれにくる」という意識で臨もう。

4 やわらかく着地しよう

前手でバランスを取りながら可能な限りグラブを続けよう。ランディング間際で手をエッジから離し、体全体を使って柔らかく着地しよう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

ジャンプ基本編

ジャンプ入門ページ一覧はこちら
ジャンプトリックはこちら

地形を使ってジャンプ

パークキッカー基礎編

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて