レッツゴースノーボード

ハウツー記事ジャンプ初心者入門

傾いているジャンプを上手く飛ぶ方法

どちらかのエッジをかけて飛ぶコツは

ゲレンデには「コースから出てまたコースに戻ってくる謎のライン」が付いていることがあります。この手のアイテムは、どちらかのエッジに乗ったままオーリーする必要があります。

1 アプローチではエッジが掛かる。

コース脇ジャンプは、アプローチでどちらかのエッジがずっと掛かっていることが多い。エッジが掛かっていても姿勢を低くキープして、ボードの真上に重心を置くこと。エッジに乗り過ぎるとうまくオーリーが出来ないので注意しよう。

切れ上がるジャンプ

2 上半身をしっかりと使おう

たいていの場合、リップは発射台のように上を向いていることが多いので、踏み切りでは体が遅れないように上半身をしっかりと引き上げてオーリーを掛けよう。エッジを掛け過ぎて飛ぶとうまく飛べないので、スピードと上半身の引き上げを利用して空中へ飛び出そう。

3 空中姿勢はコンパクトに

落ち系でジャンプ

空中ではなるべく膝を引きつけて、体勢をコンパクトに保とう。目線は着地方向へ送り、広い視野でランディング後の斜面を見ておくとよい。

切れ上がるジャンプ オーリー引きつけ

4 着地は油断禁物!

落ち系 ジャンプ 着地

コース脇ジャンプはコースを横切るようにして飛ぶため、着地する方向と斜面の方向が違うことがほとんどだ。そのため着地ではどちらかのエッジがかかっていることが多いので、バランスを崩さないようにボードコントロールをしっかり行うこと。着地してからもなるべく遠くを見て、必要ならターンして体勢を整えていこう。

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

ジャンプ基本編

ジャンプ入門ページ一覧はこちら
ジャンプトリックはこちら

地形を使ってジャンプ

パークキッカー基礎編

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて