レッツゴースノーボード

ハウツー記事ターン初心者入門

傾いている斜面でターンしてみよう

ゲレンデの斜面は水平とは限らない!?

スキー場のコースは場所によっては、写真のように雪面が進行方向に対して傾いている箇所もあります。このような斜面を「カタむいたシャメン」で「カタシャ」と呼びます。カタシャでもボードコントロール出来るようになりましょう。

1 通過する前に地形を把握する

ここでもう一度、傾いた斜面について理解しておきましょう。ゲレンデを滑っていて、上のようなコースに出くわした事はありませんか?「まっすぐ滑り降りたいのに、コースが傾いている !」単純に考えると、左側の気の中に吸い込まれてしまいそうです。

2 直線よりもターンを刻んだ方が安全

「傾いていて何か嫌だから、チョッカってしまえ!」と思うかも知れません。(※チョッカる=ターンせず直線で下る)それでも平気と言えば平気ですが、常にチョッカってしまうと、場合によってはスピードが付き過ぎて危険な可能性もあります。やはり地形に沿って、ターンの弧を刻めた方がスピードコントロールは容易に行えるでしょう。

3 山側のターンは上体が遅れないように

山側のターンはさほど難しくは感じないでしょう。なぜならターンに入る前は、言わば上り坂ですから、スピードもあまり出ないからです。ここでの注意点は、ターン時の両肩の位置があまり下がり過ぎないようにする事。特に後ろ肩が下がっていると、ターン後にしりもちをついてしまいかねません。上半身をうまく使ってターンを行うようにしましょう。

4 谷側のターンは要注意!

山側のターンを終えたら更なる注意が必要です。なぜならボードは下り坂に入っていますので、スピードは当然増してくるからです。さらにターンのピークでは、ボードに強いG(重力)が加わります。このGに負けずにターンするためには、早くからターンの出口方向に目線を送り、膝を曲げ体を傾けてボードに加重していく必要があります。
このようにカタシャでは、ターン時に加わるGが左右で違うことを理解しておきましょう。
横カベでクルッと回ろう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUTウエア・期間限定セール開催!

定価ですでにお求めやすいライドアウトウエアを、さらにお得にゲットできるチャンス!期間限定の全品30%OFFセールを実施中です。この機会をお見逃し無く!

ターンその他記事

ターン入門一覧ページはこちら

ターンを応用した地形遊び

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて