レッツゴースノーボード

CULTURE > PICK UP

スノーボードに役立つ健康グッズまとめ

疲れた体を手軽に和らげよう!

「スノーボード楽しい!もっと滑りたい!!でも体のあちこちが痛いなぁ・・」 あなたの快適なスノーライフを妨げる最もタチの悪い要因は、天気でも雪質でもなく、疲れや怪我といったあなた自身の体のコンディションにあります。 ここではシーズン中に疲れた体を少しでも和らげてくれる、当サイト管理人も実証済みのオススメ健康グッズをご紹介します。

マッサージクッション

気分は温泉宿のマッサージチェア!?車でも使える!

電子体温計で有名な信頼のメーカー「OMRON」が作るマッサージクッションは、リーズナブルな価格ながらあなたの体をピンポイントに癒してくれる非常に優れたクッション。クッションを腰や背中など患部にあててボタンを押せば、まるで温泉宿にあるマッサージチェアのように内部のローラーが回ってコリを和らげてくれます。ボタンを2回押せばローラーが暖かくなり人肌に触れるような感覚に!車載用ACアダプターと組み合わせれば、自宅だけでなく車内でもマッサージが可能!個人的には座椅子と組み合わるのがかなりオススメです!

ストレッチポール

整骨院やアスリートのマストアイテムを自宅でも!

ストレッチポールはトップアスリートも認める本物のコンディショニングツールで、手軽に「身体の歪みを正し、良い姿勢を作りだす」効果があります。ただ乗るだけで自然とアウターマッスルがストレッチされ、その状態で手足を少し動かせば、インナーマッスルが働きはじめ肩関節や股関節、骨盤を本来あるべき正しい位置に戻してくれます。わずか10分のエクササイズでコリやハリを和らげ、リラクゼーション効果も発揮され、深い眠りにも繋がります。一度使ったらその作用に病みつきに!ちなみに「ストレッチポール」は株式会社LPNの登録商標で、品質や効果を考えるとLPNの製品を使用するのが断然オススメです。

コウノエベルト(骨盤用)

スポーツトレーナーが考案した、腰痛持ちの救世主!

多くのプロアスリートの体のバランスを調整しているスポーツトレーナー、鴻江先生が考案し、かのスポーツカンパニー「DESCENTE(デサント)」が製造するコウノエベルト。骨盤周りにベルトを装着することで骨盤のバランスを整え、両脚への加重が左右均等になり、股関節の可動域も広がって下半身の安定性が向上。ゲレンデでのパフォーマンスもアップします。いわゆる「腰ベルト」に比べるとかなり細いので、滑走中の動きを妨げず様々なシーンで重宝します。ちなみに腰痛持ちのサイト管理人も最近ではコウノエベルトの効力に病みつき!より大きなパワーを引き出したい方はレギュラータイプ「1500」を、軽い負荷でプレーに集中したい方はライトタイプ「1000」がおすすめです!骨盤用の他にもヒジ用、ヒザ用、足首用があります。

踏み竹

「健康は足から」日本古来から伝わる健康法

平安時代から1000年以上に渡り行われている由緒正しき足裏健康法「竹踏み」。竹の上に乗って足踏みをすると、土踏まずの自律神経を刺激して全身の血液の循環を良くします。また、足は第2の心臓ともいわれる大事な箇場所で、足裏にはたくさんのツボが集まっています。竹踏みは「体の特定部位への刺激が特定部位の改善を促す」という現象を活用した治療・健康法・いわゆるリフレクソロジー(反射療法)であり、足裏を刺激することで身体の器官や内臓の機能を活性化させることができます。血行を良くしてむくみを取り、足の疲れや冷え性を改善。安価でシンプルな健康グッズ「踏み竹」を活用すれば、あなたのスノーボードライフがより快適になること間違い無し!

※レッツオフトレ①手軽で、継続できるトレーニングを考える
※レッツオフトレ②オフトレに効果的な柔軟性のチェックとストレッチ方法

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUTウエア・期間限定セール開催!

定価ですでにお求めやすいライドアウトウエアを、さらにお得にゲットできるチャンス!期間限定の全品30%OFFセールを実施中です。この機会をお見逃し無く!

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて