レッツゴースノーボード

ハウツー記事地形遊びフリーラン

レイバック(Layback)

自分を信じて横カベに当て込もう。

レイバックは壁を上りながら体を屈め、ピークで後ろ足を突き出してボードをスライドさせていくトリックです。ハーフパイプや沢地形でもレイバックは出来ます。自分を信じて横カベにスカッと当て込みましょう。

【アプローチ】壁に向かう前のターンが大切

 横カベの旗にスプレーをかけよう(壁でスプレー 地形でスラッシュ、当て込み)

アプローチではカービングターンをしっかりと行い、十分なスピードで壁に進入しましょう。壁に向かう直前のターンまでには、自分が当て込む場所をきちんと見ておくとよいでしょう。目線を先へ先へとどんどん送って、レイバックの動作を余裕を持って行えるようになりましょう。

【壁の上り】壁に対してより垂直なライン取りが◎

 横カベの旗にスプレーをかけよう(壁でスプレー 地形でスラッシュ、当て込み)

アプローチで壁に目線を送ったら、自分が通過するラインもきちんとイメージしておくことが大切です。その際、壁に対してより垂直なラインで進入できるとよいでしょう。ラインが浅すぎるとレイバックした後に板が元の位置に返って来ず、しりもちを付いてしまうことがあるので気をつけましょう。また、斜度の変わり目を通過する際はG(重力)に潰されないように、上半身を一瞬浮かせるとよいでしょう

【壁のピーク】自分を信じて「おりゃー!」

 横カベの旗にスプレーをかけよう(壁でスプレー 地形でスラッシュ、当て込み)

想定した軌道のピークが近づいてきたら、レイバックを仕掛ける打点に向けて腰を落としていき、前手を進行方向とは逆に振ってターンの力を一瞬止めましょう。この時に後ろ足を前方へ突き出してボードをスライドさせていきます。レイバックは、仕掛ける直前にいかに自分の体を小さく屈められるかが重要になります。自分を信じて「おりゃー」と当て込みましょう。

【ピークを過ぎたら】ひねりの力を利用して板を戻す

 横カベの旗にスプレーをかけよう(壁でスプレー 地形でスラッシュ、当て込み)

レイバックする瞬間に前肩を逆方向へ上手くツイストできていれば、その反動でボードは元の位置に戻ろうとします。この力を殺さないようにしながら、徐々に体を起こして横カベを下りましょう。壁に段差がある場合は膝を柔らかく使って衝撃を吸収し、コースに戻ったらターンを継続させてボードをコントロールしていきましょう。

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

コース脇の壁で遊ぶ

地形遊び一覧ページはこちら

ちょっとした段差で遊ぶ

リフトの支柱付近で遊ぶ

まだまだ地形で遊ぶ

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて