レッツゴースノーボード

ハウツー記事地形遊びフリーラン

リフトの支柱脇でBS180

ブラインド着地の完成度を養おう

スノボ ゲレンデ地形 遊び スピン BS180

まずはオーリーをして凹凸をスムーズに飛べるようになりましょう。凹凸の特徴を把握したら、くれぐれも周囲のスキーヤーやスノーボーダーの動向に気をつけながら、BS180を仕掛けてみましょう。色々な地形で繰り出しておけば、踏み切りの精度が上がり、着地の合わせ方も次第に慣れてくるはずです。

周囲に気をつけながらトライしよう

  • 【アプローチ】凹凸の質と着地周辺を事前に把握
  • アプローチでは腰を屈めて凹凸の先端を凝視しながら、ゆっくりとトゥエッジに乗って進みましょう。もし凹凸が、トゥエッジを掛け続けながらエントリーできるアイテムであれば、驚くほど簡単にスピンのパワーを作ることが出来ます。ただしトゥエッジへの加重は必要最小限にして、それよりも重心をきちんとボードのセンターにキープすることに気を払いましょう。着地後は進行方向が見えにくくなるので、事前にランディング近辺の安全は確保しておくこと。

  • 【踏み切り】体に掛かるGに負けないように!
  • アプローチでいい感じにつま先に乗れていても、リップ近辺では予期せぬG(重力)が体に加わる場合があります。なぜならこの手のアイテムはもともとジャンプするように作られている訳ではなく、凹凸の直前で斜度が急に変わっている場合もあるからです。180の準備をしながらも、飛ぶ前にGでつぶされないように板の真上にしっかり乗って、真上にオーリーを掛けることが最大のポイントです。

  • 【空中姿勢】しっかり踏み切り空中でコンパクトになろう
  • オーリーがきちんと入れば入るほど、空中姿勢をコンパクトにするのがより簡単になります。凹凸の端でタイミングよくオーリーを掛けて、イケてる空中姿勢を保ちましょう。踏み切りではエッジに頼り過ぎずに、上半身を十分に使って先行動作を入れていくと、高さと回転力の十分なエアに繋がるでしょう。両肩をスピン方向に少しひねりながら、リズムよく上半身を引き上げられるようになりましょう。

  • 【着地】板がずれないように着地する
  • 空中にいる間は無理に目線をスピン方向に向けようとするのではなく、自分の真下を見ながら着地までの高さや距離をイメージ出来るようになりましょう。これこそがブラインド着地(前が見えづらい着地方法)の極意です。この目線の送り方で、まず先に下半身を使って板をまっすぐに合わせられるようになりましょう。そうすれば着地でボードの回転力が余ることは少なくなるでしょう。いろんな場所でBS180を繰り出して、ブラインド着地を是非モノにしていきましょう。

慣れたらヒールエッジで踏み切ってみよう!

スノボ ゲレンデ地形 遊び スピン BS180

BS180に自信が持てるようになってきたら、今度は意表をついてヒールサイドのエッジで踏み切りを行ってみましょう。ただし空中に飛び出してからしっかり下半身を引き付けないと、体が先に飛んでいき危険です。グラトリでノーリーBS180を行って、踏み切り直後の、体の位置の感覚を養っておくと良いでしょう。

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

コース脇の壁で遊ぶ

地形遊び一覧ページはこちら

ちょっとした段差で遊ぶ

リフトの支柱付近で遊ぶ

まだまだ地形で遊ぶ

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて