レッツゴースノーボード

北海道に滑りに行こう

ニセコに滑りに行こう(拠点のスキー場を決める)

ニセコで拠点となるスキー場を決めよう

ニセコエリアは非常に広大でスキー場の数も多いので、一回のトリップで全てを網羅するのは難しいかも知れません。ですので、まずはベースとなるスキー場を決めて、それから滞在中のプランを組み立てていくのがおすすめです。ここではニセコエリアのスキー場ごとの特色をご紹介します。

ニセコでどのスキー場のエリアを拠点にするか?

①ヒラフエリア/メインビレッジ

地形の起伏が豊富で、コースバリエーションが多彩なのがヒラフスキー場の特徴。ゲレンデ入り口から続く「ひらふ坂」をメインストリートとして、道り沿いや小道には数多くの飲食店や宿泊施設が軒を連ねます。ビレッジ界隈は昼も夜もにぎやかで、世界中の言語が飛び交うとてもユニークで情熱的なエリア。アフタースノーに飲み歩く人には絶好のエリアでしょう。
【レッツゴー総力取材】ヒラフメインビレッジのおすすめ宿情報はこちら


②ヒラフエリア/イースト&サウスビレッジ

スキー場直下のメインビレッジを少し離れて、のんびりアフタースノーを楽しむ方にはイーストビレッジかサウスビレッジがおすすめ。雪と森林に囲まれ、時間の流れもゆっくり。車じゃない方は循環バスや宿の送迎をうまく利用しましょう。
【レッツゴー総力取材】イースト&サウスビレッジのおすすめ宿情報&周辺情報(どちらの周辺にも超有名店があります)


③ニセコビレッジスキー場エリア

ヒラフとアンヌプリの間に挟まれた縦長のゲレンデです。ヒルトンホテルの目の前からビューンとゲレンデ上部まで上がり、スピード感あるクルージングが魅力的。強風にも強いゲレンデです。ヒルトンの大きな建物が目立ちますが、少し下ると、とても見晴らしのいいお洒落なペンションが並んでいます。
【レッツゴー総力取材】ニセコビレッジのおすすめ宿情報はこちら


④アンヌプリ/モイワエリア

ワイドなコースで爽快にクルージング出来るのがアンヌプリスキー場。初心者コースも幅広なので安心して練習出来るはず。さらには、アンヌプリの隣には「ニセコモイワスキー場」があり、こちらも小規模ながら凹凸あるスロープと隠れたパウダースポットが魅力のゲレンデ。
【レッツゴー総力取材】アンヌプリ・モイワのおすすめ宿情報&周辺情報


「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

ニセコユナイテッド基本情報

※スキー場は大きく4つある。
※ヒラフと花園は同じ券で滑れる。
全山共通券があれば全て滑れる。
※各スキー場間はふもとから連絡バスで行き来できる。
空港からのバスは各スキー場の目の前に停まる。
※ヒラフは飲食店、宿泊施設が多く集まる情熱的なエリア
※アンヌプリには老舗ホテル閑静なペンション街が並んでいる。
ヴィレッジはヒルトンホテルが目印
※ヒラフから約10kmの地元町・倶知安(くっちゃん)にも安くて美味しい飲食店がたくさんある。
※ヒラフ倶知安間は「くっちゃんナイト号バス」が16:00頃〜23:00頃まで運行

北海道の記事一覧

北海道一覧ページはこちら

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて