レッツゴースノーボード

ハウツー記事キッカートリック

ノーズグラブ(nose grab)

板の先端を掴んで体を大きく魅せよう

「ノーズグラブ」は文字通り、前手でボードの先端(ノーズ)を掴むグラブトリックです。掴む場所が遠い分、踏み切りにやや注意が必要ですが、うまくグラブ出来ると空中姿勢がよりダイナミックに見えるでしょう。くれぐれもまくられないように気をつけながら、空中で大胆に自分を表現していきましょう。

ノーズグラブ NOSEGRAB

【アプローチ】やっぱりまっすぐ進入する

スノーボード スノボ ジャンプトリック ノーズグラブ

ノーズグラブもまた他のグラブトリックと同様に、リップに対して垂直にまっすぐアプローチしていきましょう。リップを上り始めてからの無理なエッジ操作は禁物です。リップを上る直前までに正確なスピードコントロールができるように、日頃からゲレンデを滑り込んでおきましょう。

【踏み切り】肩を高く保ってスッと抜けよう

スノーボード スノボ ジャンプトリック ノーズグラブ

ノーズグラブは力任せに後ろ足を踏み込み過ぎると空中でうまくグラブすることができません。従来のオーリーのように前手を引き上げて高く飛ぼうとするのではなく、スピードにある程度頼りながら、下半身をタイミングよく引き上げてスッとリップを抜けるとよいでしょう。その際まくられないように、後ろ肩は高い位置に保っておきましょう。

【空中姿勢】両足をあべこべに使っでノーズを掴む

スノーボード スノボ ジャンプトリック ノーズグラブ

空中に飛び出したら、後ろ肩を引き上げながら前足をお腹側に引きつけてボードの先端を掴みましょう。この時後ろ足を真下に蹴り出せば、より楽な姿勢でグラブすることが出来るでしょう。上半身で無理やり掴もうとすると大きくバランスを崩してしまいます。両足をあべこべに動かしてボードをなるべく前手の近くに引き寄せるとよいでしょう。

【着地】板を水平に戻してからランディングに移ろう

スノーボード スノボ ジャンプトリック ノーズグラブ

エアのピークを過ぎてもできるだけロンググラブをキープしましょう。ランディングが近づいてきたらテンポよく前手を離して、ボードを素早く水平に戻します。そうすることで着地寸前にリズムが生まれ、より安全にランディングを行えるでしょう。棒立ちのまま雪面に着くと膝を痛めてしまうので、必ず体全体をクッションのように柔らかく保って衝撃を吸収していきましょう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUTウエア・期間限定セール開催!

定価ですでにお求めやすいライドアウトウエアを、さらにお得にゲットできるチャンス!期間限定の全品30%OFFセールを実施中です。この機会をお見逃し無く!

キッカートリック・グラブ系

キッカートリック一覧ページはこちら

スピントリック・180&360

スピントリック・540〜高回転

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて