レッツゴースノーボード

ハウツー記事スノーボードでグラトリ

ノーズマニュアル(Nose Manual)

ボードをしならせて遊び方を増やそう。

ノーズマニュアルは、板のノーズ部分1点に加重してテールを持ち上げていくトリックで、マスターするとボックスやゲレンデ地形、グラトリコンボ等、遊び方がさらに広がっていくでしょう。まずは低速スピードでチャレンジしてみましょう。

【アプローチ〜踏み切り】重心移動を利用する

ノーズマニュアル

まずはリラックスした状態で、どちらのエッジにも乗らずにまっすぐエントリーしましょう。初めは超低速スピードでトライするのが望ましいですが、スピードが遅くなると仕掛ける前に余計なエッジが掛かりやすくなるので注意しましょう。踏み切りでは前肩を引き上げながら前足を少し持ち上げ、その瞬間に体の軸(重心)を前へ移動させます。前足が再び雪面をとらえ出したら、両肩を高くキープしながら前足の1点でボードに加重していきましょう。

【マニュアル中】両肩を雪面と平行にキープ

正しくノーズに加重することが出来たら、両肩を結ぶラインを雪面と平行に保ちながら、両肩を上方に持ち上げてマニュアルを維持します。下半身だけでなく上半身もきちんと使えば全体のバランスを保ちやすくなり、テールもより高く持ち上がるでしょう。前脇の下から進行方向を見続けて、前足に水平に加重し続けられるようになりましょう。

【アウト(技の終盤)】前足をリズミカルに強く弾こう。

マニュアルできる限界が近づいてきたら、ただ後ろ足を下ろして技を終えてもいいですが、これではトリック全体にメリハリがつきません。可能なら前足をリズミカルに強く弾いてノーリーアウトを行うとよいでしょう。足だけでなく腰や上半身を大胆に引き上げることで、ノーズが再び宙に舞い、よりメリハリのあるアウトを行えるでしょう。

【失敗例】体だけ飛ばされないように気をつけて!

ノーズマニュアルでよくやってしまいがちなのが、板を持ち上げようとするあまり重心が前に寄り過ぎてしまうことです。特に前肩の位置が下がり過ぎると、ノーズが雪面に詰まって体だけ前に吹っ飛ばされてしまいます。テールをさらに浮かせたい場合も、ボードに加重するのは腰までで、腰より上は上方へ引き上げて、全体のバランスをキープするように心掛けると良いでしょう。

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて