レッツゴースノーボード

平昌五輪最新ニュース 平昌五輪選手情報 平昌五輪大会日程 平昌五輪競技説明 ソチ五輪

スノーボードクロス競技、ルール説明

そもそもスノーボードクロスって??

例えるなら雪上のモトクロス!
勝敗が分かりやすく、激しく、見ていて興奮する競技です

もともとはアルペンレーサー(固いアルペンボードに乗りタイムを競う人)と、フリースタイラー(自由に山を滑りトリックを決める人)が同じフィールドで楽しめる競技を、という目的で生まれたのがスノーボードクロス(ボーダークロス)です。要するに「スノーボード版障害物レース」です。選手達は一度に複数人数(だいたい4-6名)で同じコースを滑り、起伏のあるコースにさらにバンクやウェーブ、テーブルトップがちりばめられた複雑な コースを滑走して順位を競います。オリンピックでは2006年のトリノより正式種目になりました!

スノーボードクロスの見所、醍醐味

起伏や障害物のあるコースを猛スピードで、しかも複数で競うがこの種目のポイント。
そうです。接触、転倒は当たり前!
一番ビリの選手がゴール直前で棚からボタモチの大逆転!というのも十分あり得るので、最後まで目が離せず見ていてハラハラします!

トリノ五輪女子決勝で、アメリカのリンゼイ・ジャコベリスがゴール直前のジャンプでで転倒、金メダルを逃したのは有名ですね。

【参考】前大会 ソチ五輪のスノーボードクロスのコース

出典:FIS

ソチ五輪スノーボードクロスのコースはこんな感じでした。
全長1250mのコース内には8つのバンクをはじめウェーブやキッカーが大量にちりばめられています。このコースを6名のスノーボーダーが同時に滑り、上位3名が次のラウンドに進んでいくという単純明快なルール!選手達はジャンプやターン、スピードコントロールをしながら、すぐ隣の選手との駆け引きや小競り合いも行いゴールを目指します。

平昌五輪・基本データ

※開催期間は2018年2月9日~2月25日

※開催地は韓国(大韓民国)北東部江原道(カンウォンド)にある平昌(ピョンチャン)

※スノーボード競技種目は「パラレル大回転」「スノーボードクロス」「ハーフパイプ」「スロープスタイル」「ビッグエア」の5種目

※大会マスコットはスラホン君(オリンピック)とバンダビ君(パラリンピック)

平昌(ピョンチャン)ってどんなところ?

※韓国北東部江原道(カンウォンド)にある郡で、ソウルからは車で3時間
かの「冬のソナタ」のロケ地としても有名な、自然豊かなリゾート地。
※北緯37度26分度でちょうど日本の新潟県と同じ位の緯度
太白山脈の名山である五台山などの山に囲まれた、自然豊かな観光地で、標高は平均700m
※2月の平均気温は約-1℃、平均最低気温は約-11℃と寒く韓国でも積雪量の多い地域
※前回、前々回と冬季五輪候補地に立候補したものの、いずれもわずかの差でバンクーバー、ソチに惜敗!この度3度目にして念願のオリンピック開催地に
※韓国としては1988年ソウル五輪以降30年ぶりとなりオリンピックで、冬季開催は初!ちなみにアジアで開催されるのは札幌、長野に次いで3番目

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて