レッツゴースノーボード

ハウツー記事パーク初心者入門

ハーフパイプでドロップイン

パイプでの初速スピードを高めよう

ハーフパイプで高く飛ぶためには、何よりもドロップインを上手く行うことが大切です。スタートダッシュを覚えてスピーディーなパイプランを目指しましょう。

壁に吸い付くようにドロップインしよう

ハーフパイプ ドロップイン
  • パイプのラインと平行にアプローチ
  • アプローチでは自分が余裕を持って板を扱えるスピードで、パイプの壁のラインに対して平行に進みましょう。慌てずに、ドロップインする場所をしっかり見据えながらリラックスしてエントリーします。 ドロップインのラインがすでに付いていることが多いので、はじめは人のラインを参考にしても良いでしょう。

  • 壁にへばりつくようにインする
  • パイプに入るときは、ボトムに向かって飛び降りるのではなく、壁にへばりつくようにドロップインするイメージでのぞみます。出来るだけ壁の上部で雪面にへばりつけるように、エッジを細かく調整していきましょう。パイプのラインと平行にアプローチしていますが、パイプにスムーズに入るためには徐々に上半身を前へ倒していくことが大切です。

  • 頭をボトムへ落としていく
  • 写真ではドロップイン時に軽くジャンプしていますが、最初のうちは飛んで入る必要はありません。パイプのボトムに向かって頭を落としていき、体が遅れないよう積極的に体を前へ加重していきましょう。

  • 膝はやわらかく保つ。
  • 壁を下っているときも引き続き、上半身を前へ前へ落とし込むことを忘れないようにしましょう。この時に下半身でボードを前方下へ踏み込んでいくことで、板をさらに加速させることが出来ます。反対の壁を見続けながら、よりスピードを出せるように何度もトライしましょう。

くれぐれも進入角度には気をつけよう。

パイプ初心者にありがちなのが、パイプに入る角度を間違えて、フラットなところまで飛 んでしまうミスです。ドロップインは飛び降りるのではなく加速させるものだと思って、よりまっすぐにアプローチ出来るようになりましょう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

パークキッカー基礎編

キッカートリックはこちら

ボックス基礎編

その他パーク関連記事

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて