レッツゴースノーボード

ハウツー記事パウダー&BC

パウダーを上手に滑るには?
①パウダーでの様々な楽しみ方、滑り方

扇型の雪しぶきを目指そう

カーヴィングターンを使ってボードのスピード調整が出来るようになれば、パウダーターンもきっと容易に行えるはずです。思い描いた弧に向かって、思いきりターンを繰り出してみましょう。ターンの最中にボードを均等に踏み込むことが出来れば、扇を開いたような理想的なパウダースノーが巻き散るはずです。体全体を使ったキレのあるターンで、思いきり雪しぶきを上げてみましょう!上半身を使ってターン(トゥ)(ヒール)

その前にコース脇で練習

廣田鉄平 パウダー ターン

ゲレンデのコース脇にパウダーが残っていたら、圧雪バーンでスピードを加速させて思いきり突っ込んでみましょう。このときの雪を踏み込むタイミングは、ちょうどターンの弧のピークです。雪しぶきを上げるのに夢中でも、ターンの基本原理は忘れないようにすることが大切です。

ゲレンデ脇でパウダーをうまく上げるには?

木の中の新雪パウダーを堪能(ツリーラン)

木ではなく木々の空間を見る

木の中にはいいことがたくさん詰まっています。たとえ吹雪いていてコースが見えなくても、木の中は基本的に常に視界良好。木の間隔が狭ければ狭い程、パウダースノーは誰にも荒らされずにそのまま残る可能性が高いのです。ただし当然のことながら木には絶対当たるわけにはいきません。低スピードでも木は痛いです。木を見ると木の方向に行ってしまうので、必ず木々の間をくぐり抜けるラインを見極めてツリーランを楽しみましょう。誰かの通ったラインも、自分のエッジをとられないように注意しておくことが大切です。

マッシュや起伏でパウダージャンプ!

地形に合わせて飛ぼう

廣田鉄平

パウダーでのジャンプは最高です。パウダーの浮遊感とジャンプの浮遊感が合わさって、日常では味わえないような刺激を感じることができるはずです。ただしパウダージャンプはたいていの場合飛び出し口も柔らかいので、パークのように思いきりテールを踏み込むのではなく、スピードを利用して下半身をすスッと持ち上げることが、きれいなジャンプには重要になってきます。地形を見極め、ジャンプの大きさに合わせて飛べるようになりましょう。

マッシュを飛ぼう
凹凸を使ってジャンプ
ゲレンデの段差でジャンプ

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUTウエア・期間限定セール開催!

定価ですでにお求めやすいライドアウトウエアを、さらにお得にゲットできるチャンス!期間限定の全品30%OFFセールを実施中です。この機会をお見逃し無く!

パウダー&BC記事

※バックカントリーは人の命にも関わるシビアなジャンルであり、当サイトでは制作者の知識と経験、新たに学んでいくことを基に、正しいと思う事柄のみをご紹介していますが、当サイトは一つの参考媒体して留め、皆様自身でも様々なアプローチで学んでいくことをお勧めします。

その他ハウツー記事一覧

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて