レッツゴースノーボード

ハウツー記事キッカートリック

スイッチバックサイド180

グラブで差をつける粋な低回転スピン!

スイッチスタンスから後ろ向きに半回転するスイッチBS180。踏み切りでやや注意が必要ですが、着地はノーマルスタンスに戻ってくるので、その分グラブにこだわりを入れられるでしょう。キッカーがいくつか続いている時は、途中でお洒落なスイッチBS180を取り入れてみましょう。

完成度を高めてアジのあるスピンにしよう!

  • 【アプローチ】あまりエッジに乗り過ぎない
  • 180を行うのにそれほど強いスピンの先行動作は必要としません。なるべく真っすぐキッカーに向かっていきましょう。踏み切りを行いやすくするためにうっすらとトゥサイドターンを行うのが望ましいですが、アプローチの軌道をよりまっすぐキープするために、ターンの弧は最大限小さくするとよいでしょう。

  • 【踏み切り】板がまっすぐ抜けるように心掛ける
  • リップを抜ける瞬間は上半身を前方に引き上げながら後ろ足を踏み切り、なるべく上へ飛べるようになりましょう。この時後ろの肩をスピン方向へ少しひねりながら上体を引き上げることで、180に必要な回転力が生まれます。ただし前述したようにスピンの先行動作はほんの少しで足りるので、あくまで板を真っすぐ抜けることが先決です。

  • 【空中姿勢】基本は板が引き付いてからグラブ
  • エアのピークに掛けてボードが引き付いてきてからグラブを行うようにしましょう。テールグラブは掴む場所が遠いので、空中に出てから割と早めにボードを掴みにいっていますが、あくまで手だけを差し伸べていて、体全体は無理に動かしていないのが分かります。掴みにいこうと無理に上半身を動かすと、体がばらけて回転が止まってしまうので気をつけましょう

  • 【着地】前が見えなくても体はボードの上に乗せる
  • エアのピークを過ぎたら、真下に見える雪面と自分との距離を確認しながら着地の準備に入ります。前方が見えにくいブラインド着地でも、腰をきちんと板の真上に乗せておくことが大切です。ランディングの寸前に膝を柔らかく伸ばして衝撃を最大限吸収し、着地後はなるべく早く前を向いて次のアクションに備えていきましょう。

小さなジャンプから少しずつステップアップさせよう

スイッチバックサイド180

いきなり大きなジャンプでチャレンジするのではなく、小さなジャンプを見つけて少しずつ飛ぶ距離を大きくしていくことが、安全にトリックをマスターするのには大切です。しっかりオーリーを掛ければキッカーが小さくてもグラブしてスタイルを入れていくことは可能ですので、焦らずにトライしていきましょう

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUTウエア・期間限定セール開催!

定価ですでにお求めやすいライドアウトウエアを、さらにお得にゲットできるチャンス!期間限定の全品30%OFFセールを実施中です。この機会をお見逃し無く!

キッカートリック・グラブ系

キッカートリック一覧ページはこちら

スピントリック・180&360

スピントリック・540〜高回転

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて