レッツゴースノーボード

ハウツー記事キッカートリック

スイッチバックサイド720(コーク)

軸はなぜずれる?どうずらす?

高回転スピンでは回転軸がずれるのは珍しいことではありません。むしろあえて軸をずらしてスピンのスタイルに変化をつけていくのも面白さの一つです。または逆に、回転力を付けていく上で体軸が意図せず ずれていく場合もあります。そもそも軸はなぜずれていくのか、どうずらしていくのかを、スイッBS720を例に考えていきます。

一連の流れでスピンをどう安定させる?

スイッチバックサイド720 軸ずれ
  • 早抜けしてもオーリーは必ず掛ける
  • 上の写真では、コウタローは後ろ足の踏み切りのタイミングがやや早く、上半身の先行動作を早めに入れています。いわゆる「早抜け」です。早抜けは本来、横っ飛びやコントロール出来ない回転力を生み出してしまいますが、コウタローはリップを抜ける時に体軸の位置は守りながらオーリーをしっかり掛けているので、空中姿勢をスムーズに保つことが出来ています。厳密には早抜けは避けたいところですが、数多くのキッカーを飛ぶ中で仕方ないと言えば仕方ないことなのかも知れません。早蹴りしそうになっても慌てずに、しっかり後ろ足を真上に踏み切ることが大切です。

  • ジャンプの軌道は崩さないように
  • 踏み切りの時に早抜けし、スピンの先行動作が強めに入っていると、空中での軸ずらしはより楽に行えます。ただしエアのピークまでは、板は上に上がろうとする力が働いていますので、無理に体を動かそうとせず、まずは下半身をお腹側へ引き付けるようにしましょう。

  • 空中での頭の入れ具合で回転軸は操れる
  • フラットスピンの場合の回転中の目線は、真下を見下ろすようにスピン方向へ送り続けることで、体の軸が立ったままフラットにスピンを維持出来ます。一方で軸ずれスピンの場合、目線を頭ごとスピン方向へ倒してしまうことで、新たな視界のルートができ、回転が近道をするかのように軸がずれていくのです。



  • 早めの着地確認がランディングをより安定させる
  • 軸がずれても目線の先行は止めずに、出来るだけ早くランディングポイントを確認していきましょう。着地する雪面が早めに見えれば、より安定して着地体勢にに移れるのです。軸がずれた瞬間に頭の中が真っ白にならず、積極的に回転をリードしていくことが大切です。見えた雪面にボードを合わせていくために、積極的に上半身を前へかぶせて、上体が遅れてしまわないように努めましょう。

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

キッカートリック・グラブ系

キッカートリック一覧ページはこちら

スピントリック・180&360

スピントリック・540〜高回転

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて