レッツゴースノーボード

ハウツー記事スノーボードでグラトリ

スノーボードで側転しよう

スノーボードを自由に楽しもう

一風変わったグラトリ、「側転」をご紹介します。常識にとらわれない、自由なスノーボードを楽しんじゃいましょう。

1 重心を前移動させた反動で板をまくらせる。

おそらく正式なトリック名はありませんが、やっている張本人であるアッキーはこの技を「SARUMAWASHI」と呼んでいるそうです。ちなみに「側転」は英語で「cartwheel」と言うそうです。もしあなたが体操部で、器械体操や跳び箱が得意なら、トリックのきっかけさえ覚えれば比較的簡単にマスターすることが出来るでしょう。

まずは板が止まるか止まらないかぐらいの超低速スピードでアプローチしましょう。上半身も使いながら重心を前へ移動させ、その反動で雪面に手をつきにいき、ボードを勢いよく後方へとまくらせます。まくらせる力が弱いとボードが宙を舞わないので、少し大げさに体の各部位を動かしていくとよいでしょう。

2 板の重さも考慮して側転しよう。

雪面に手をつく時に、両手を結ぶラインは進行方向に対して平行になるのが理想です。うまく両手で雪面を踏ん張ることができたら、そのあとの動きはいわゆる「側転」です。ボードを履いている分、両手にかかる重さは大きいので。くれぐれも腕を痛めないように、前もって筋トレやストレッチ体操を行っておくとよいでしょう。

3 テールが雪面に刺さらないように注意。

ボードが上手く体の上を通過したら着地の準備に移行しますが、慣れないうちはテールが雪面に刺さってしまう可能性があります。これを防ぐために、後ろ膝をお腹側へ曲げながら、テールと雪面の間に空間を作っておくとよいでしょう。スムーズな後半のアクションを行うためには、腕立て伏せをして腕力を強化しておくのが効果的でしょう。くれぐれも体を痛めないよう気をつけながら側転にトライしてみて下さい。

4 よくあるミスとその原因。



長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて