レッツゴースノーボード

ハウツー記事ターン初心者入門

体を傾けてターン(かかとからつま先)

ボード上のバランス感覚を養おう

上半身、下半身の動きに加え「体の軸を傾けること」もターンに原動力を与える一つの要素です。慣れれば気持ちよく曲がれるのでぜひ習得しましょう 反対のターン

1 脇を締めてアプローチ

ターンの入り口を目指してゆっくりアプローチしよう。脇を締めて棒立ちの姿勢を取り、極力体の傾きだけを使って曲がることを意識する。足元だけを見ないで目線を遠くに送ること。はじめのうちは幅広のコースで、大きな弧をイメージしてターンに臨むと良い。

2 ゆっくり体を傾ける

ターンの入り口手前で徐々に体を倒していき、エッジをかかと側からつま先側に乗せ変えよう。いきなり強く体を傾けるのではなく、ターンの弧に合わせて徐々にエッジ加重を行うことが大切。

3 エッジがずれないように加重

脇を締めたまま真っすぐ体を傾け、出口方向に目線を送ろう。ターンのピークではエッジがずれないようにボードをしっかりと押さえつけること。体を倒しすぎないように気をつけながら、体の傾き具合でボードをコントロールすること。

4 最後まで油断は禁物

ターン後半になっても体にまだ強いGを感じたら、そのまま体を傾け続けて重力に耐えよう。ターンを終えたらゆっくり体を起こして、膝を柔らかく保ちながら滑り続けよう。ターンの弧を抜けるまでは油断しないようにすること。

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて