レッツゴースノーボード

ハウツー記事キッカートリック

トゥイーク/tweak

トリックが進化しても色褪せない、憧れのグラブトリック

前手でヒールサイドのエッジをつかみ、空中で体ををひねっていくトゥイークグラブは、どれだけスノーボードが進化しても色あせることのない、永遠の憧れ的トリックでもあります。
よく雑誌でプロライダーに「今シーズンマスターしたいトリックは?」と尋ねる特集を目にしますが、いつの時代も必ずと言っていいほど「TWEAK」という回答が上位に食い込んできます。ダブルコーク、超高回転スピンが主流である現代のシーンにおいても、この奥深いグラブの人気は依然衰えないのです。
プロも夢中になるほど奥深く、そのスタイルも千差万別なトゥイークを是非出来るようになりましょう。

一つ一つのアクションをじっくり行おう!

  • 【アプローチ】
  • tweak 抜け方 踏み切り オーリー グラブ スノボ

    リラックスしてリップへ向かいましょう。リップを上り始めたら無理なエッジ操作は禁物!

  • 【踏み切り】
  • tweak 抜け方 踏み切り オーリー グラブ スノボ

    踏み切りは、他のグラブを仕掛けるのと同じように、ボードを真っすぐにして抜けましょう。 ややトゥエッジをかけて踏み切る人もいますが(空中のスタイルに差が出てきます)、その場合もエッジのかけ過ぎには注意すること。基本はあくまでまっすぐ!

  • 【オーリー直後】
  • tweak 抜け方 踏み切り オーリー グラブ スノボ

    空中に出たら、腰を起点に上半身を前へ、下半身を後ろにひねります。 (余裕があれば、もしくは手足が長ければ、ヒールエッジを掴んだままひねるとGOOD)

  • 【空中姿勢①】
  • tweak 抜け方 踏み切り オーリー グラブ スノボ

    エアのピークで、さらに体をツイストさせましょう。ひねる時は、後ろ手を前へ突き出しながら上半身をリードし、さらには下半身でボードを蹴り出しましょう。後ろ手を前へ突き出さないと、BS180になってしまいます。

  • 【空中姿勢②】
  • tweak 抜け方 踏み切り オーリー グラブ スノボ

    可能な限りひねり続けましょう。足をどう蹴るか、後ろ手をどう突き出すかによってスタイルは変わってきます。前足を蹴るのか、後ろ足を蹴るのか、足を下に蹴るか、それとも前へ蹴り出すか。さらには後ろ手をどう突き出すか。色々試してみるとよいでしょう。(写真では前足を下へ蹴り出しています)

  • 【着地手前】
  • tweak 抜け方 踏み切り オーリー グラブ スノボ

    グラブを離すと、上半身と下半身は反動でひねる前の状態に戻ろうとします。目線は着地方向に向け続けて、あわてずボードが真っすぐに戻るのを待ちましょう。

  • 【着地】
  • tweak 抜け方 踏み切り オーリー グラブ スノボ

    膝を柔らかく保って衝撃を吸収しながらランディングしましょう。
    ※空中で後ろ手の突き出しが弱いと、着地の時に上半身は戻ってきても、下半身(ボード)がなかなかまっすぐに戻らない場合があります。そうなると危険な逆エッジを食らう可能性があるので、意地でもつま先側に体重をかけて、最悪なクラッシュを避けましょう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUTウエア・期間限定セール開催!

定価ですでにお求めやすいライドアウトウエアを、さらにお得にゲットできるチャンス!期間限定の全品30%OFFセールを実施中です。この機会をお見逃し無く!

キッカートリック・グラブ系

キッカートリック一覧ページはこちら

スピントリック・180&360

スピントリック・540〜高回転

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて