レッツゴースノーボード

ハウツー記事地形遊びフリーラン

コース脇の壁でジャンプ(バックサイド)

バックサイドの壁でトゥイークやメソッドグラブを仕掛けよう

コース脇 壁 横カベ ジャンプ

フロントサイド側の壁を使ってジャンプできるようになったら、今度は反対側の壁でも遊べるようになりましょう。バックサイドの壁でグラブしやすい代表的なトリックは、ずばりトゥイークです。周囲をアッと惹き付けるダイナミックな空中姿勢を繰り出して、コース脇をパークのように流していきましょう。フロントサイド、バックサイドを選り好みせずに、まんべんなくトライすることで、フリーランに安定感を生み出していきましょう。

1 飛ぶ軌道を決めてエントリーしよう

コースサイドに飛べそうなリップを見つけたら、まずはジャンプする軌道を決めておきましょう。ストレートジャンプのように飛ぶか(水色)、ハーフパイプのように飛ぶか(紫色)は自由ですが、いずれにせよ飛んだ後の安全確保が大切です。着地後にきちんとボードコントロールできるように、スピード調節とアプローチラインを確実に行うと良いでしょう。

バックサイド 壁 コース 横カベ ジャンプ

YO君はこの壁をハーフパイプのように飛んでいます。その場合、直前にしっかりとSの字のターンを行い、臨機応変にエッジを切り返せるようにしておきましょう。

2 オーリーする瞬間はボードをフラットに

リップをのぼる直前はヒールエッジに力強く加重してボードをさらに加速させていきましょう。ただし、リップを上り出したら体を前方へかぶせながらボードをフラットにしていきます。上半身が前に被さっていても、腰から下の重心がボードの真上にあれば、スムーズに飛び出すことが出来るでしょう。くれぐれもエッジの掛け過ぎには気をつけましょう。

3 引き付けて掴んでからひねろう。

リフト下で遊ぶ

上手くオーリーすることができたら、空中でお腹に力を入れて下半身を胸へ引き寄せていきましょう。前の手でヒールサイドのエッジをグラブしながら、後ろ肩を前方へテンポよくひねります。上半身をしっかりとひねればTWEAKの姿勢を取りやすくなり、グラブを離した後にボードがまっすぐ戻りやすくなるはずです。

4 多少のフラット着地は想定しておく

もともとジャンプするために作られているアイテムではないので、壁によってはランディングの斜度が緩い場合もあるでしょう。その場合、高く飛べば飛ぶほど落差が大きくなり、着地の衝撃もキツくなりますが、飛んでしまったものは仕方ありません。ランディングでは全身全霊を衝撃吸収に集中させましょう。膝や腰を痛めている人は、無理はせず体にやさしいアイテムを選ぶと良いでしょう。

5 メソッドグラブにもチャレンジ

空中でなかなか体をひねることが出来ない人は、メソッドグラブにトライしてみるといいでしょう。メソッドグラブは、前手でヒールエッジを掴んでから、体をひねるのではなく、体を思いきり反り上げるトリックです。TWEAKと同じくしっかりとボードを引き付けてグラブをした後に、弓のように大胆に体を反ってみましょう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUTウエア・期間限定セール開催!

定価ですでにお求めやすいライドアウトウエアを、さらにお得にゲットできるチャンス!期間限定の全品30%OFFセールを実施中です。この機会をお見逃し無く!

コース脇の壁で遊ぶ

地形遊び一覧ページはこちら

ちょっとした段差で遊ぶ

リフトの支柱付近で遊ぶ

まだまだ地形で遊ぶ

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて