レッツゴースノーボード

ハウツー記事キッカートリック

バックサイド540(BS540)

愛すべき永遠の定番スピントリック

BS540は後ろ向きに一回転半するスピントリック。中級者が気軽に(?)チャレンジ出来るトリックでありながらも、プロライダー達もこぞってスタイルに磨きをかける、愛すべき定番トリックとも言えます。着地がフェイキーでのブラインド着地になるのでやや注意が必要ですが、BS360を覚えたら是非トライしてみましょう。

回すことに気を取られすぎないようにしよう

バックサイド540 bs540 backside540 キッカー
  • 【アプローチ】スピンを意識し過ぎると横っ飛びになる
  • 360よりやや強いスピンの先行動作が必要ですが、そこまで強く入れる必要はありません。特にリップが立っているキッカーの場合は、360と変わらないライン取りでリップに進入し、リップで瞬時にスピンのパワーを作るといいでしょう。あまりスピンを気にし過ぎると、抜ける前に横っ飛びして危険です。

  • 【踏み切り】オーリーと上半身の引き上げで回転力を生み出す
  • 踏み切り時は後ろ足がリップの先端を抜けるタイミングで後ろ足を蹴り込みましょう。体の軸がリップの角度に対して垂直になるようにオーリーすることが大切です。上半身を前へ倒し過ぎたり、逆に腰の位置が高すぎると上手くスピンの力が板に伝わり ません。ややトゥエッジに乗りながら、上に飛ぶことは忘れないようにしましょう。

  • 【空中姿勢】アゴを引き真下の目線を追う
  • タイミングよく後ろ足を踏み切ったら、ピークに向かうまでは頭をあまり動かさずにボードをしっかりと引き付けるように心掛けましょう。無理に頭を動かすとスピンがばらけてしまいます。270回ったあたりで着地が見えてきますが、目線は止めずにそのまま後方下へと流していきます。ピークで軸がずれていても、オーリーがしっかり入っていれば後半の回転中に軸が戻ってきます。自分を信じて目線を後ろに流してみましょう

  • 【着地】つま先加重で余計な回転を押さえる
  • 着地では真下に見える雪面との距離を測りながら、まず下半身を使ってボードを合わせていきましょう。この感覚はバックサイド180と同じです。着地した後に板が意図せず回っていかないようにするために、ややつま先加重で雪面をとらえると良いでしょう。回転が余ってしまったら無理に逆らわずに、スイッチスタンスのヒールサイドターンに移行して体勢を整えていきましょう。
    ※注意※テーブルを越えそうにないのに無理にブラインド着地を行おうとすると、テーブルの角で膝にアゴが入ってしまう危険があります。安全のために事前にストレートジャンプをして、ジャンプの大きさを把握した上でトライしましょう。

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

キッカートリック・グラブ系

キッカートリック一覧ページはこちら

スピントリック・180&360

スピントリック・540〜高回転

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて