レッツゴースノーボード

ハウツー記事キッカートリック

フロントサイド180/FS180

奥深い半回転を極めよう

FS180は前向きに180(半回転)するトリックです。グラトリでfs180または地形を使って半回転が出来るようになったら、ぜひパークキッカーでチャレンジしてみましょう。やり込めば踏み切りや着地の完成度が向上して、いずれ安定した高回転スピンにも繋がってくるはずです。

1 厳密にはエッジを使うが 初めは真っすぐを意識

キッカー FS180 フロントサイド180 抜け

グラトリや地形でのFS180は、ジャンプの飛距離も小さいので、回転力を付けるためにはヒールサイドターンを利用してエッジに頼った方が上手くいくでしょう。キッカーで行う場合も写真のダイスケのように、極めて小さな弧でターンをした方が上手くスピンに繋がりますが、はじめは細かいエッジ操作は気にせずに、まっすぐリップに向かってみましょう。180回すのに必要な先行動作はほとんど要らないので、エッジを気にするよりも、オーリーと同時に後ろ肩を前方へひねり上げることで、回転力を付けていくとよいでしょう。

2 ピークまでに90回す意識で板を引き付ける

リップを抜けたら上半身は正面を向いたまま、お腹に力を入れ下半身を引き付けていきましょう。踏み切りで肩をうまくフロントサイド方向に引き上げることができれば、その上半身の動きに連動して下半身とボードも回ってくれるはずです。前方に着地が見えてきたらそこから目線をそらさずに、エアのピークまでに90回す意識でボードを引き上げていきましょう。

3 グラブしていない手で回転力を抑える

空中でボードが引き付いてきたら、手をエッジに添えるようにグラブしていきましょう。板が引き付く前に焦ってグラブを仕掛けると、場合によっては回転力がストップしてしまうので気をつけましょう。グラブ中は、掴んでいない方の手をスピンとは逆方向に引き上げることで、回転力を抑えることが出来、ロンググラブにも繋がるはずです。回転に慣れてきたら空中で得意なグラブを仕掛けてみましょう。

4 体をバネのように使って衝撃吸収

グラブを終えランディングが近づいてきたら、上半身を前方へ積極的にかぶせながら、からだが遅れないようにコントロールしていきましょう。着地の寸前では膝を柔らかく伸ばし、クッションのように衝撃を吸収していくとよいでしょう。着地後はフェイキースタンスになっているので、しっかり前方を見て滑り続けましょう。

キッカー トリック 180 fs180 frontside180 フロントサイド180

待望のハウツーDVD第2弾リリース! フリーランが楽しくなる!もっとスノーボードしたくなる! 税込み、送料込み3300円
DVD詳細はこちら

一気にスノボにハマる!?スノーボードを安全に楽しく上達させ、遊び方の幅を広げるお得なDVD2本セット。! 税込み、送料込み4980円
詳しくはこちら

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて