レッツゴースノーボード

ハウツー記事キッカートリック

シートベルト・グラブ(seatbelt grab)

空中で大胆にシートベルトをはめよう

シートベルトグラブは「ミュートグラブをテール寄りに掴んで前足を伸ばすグラブ」ですが、地域によっては、後ろの手でノーズを掴むトリックもまた「シートベルトグラブ」と呼ぶ事もあります。大胆なグラブで、周囲の目をアッと惹き付けていきましょう。

キッカー スノボ シートベルト・グラブ(seatbelt grab)

【アプローチ〜踏み切り】やっぱりまっすぐが基本

シートベルト・グラブ(seatbelt grab)

グラブのしかたが複雑になったとしても、リップを上るときはまっすぐが大前提になります。踏み切る前にグラブを意識し過ぎると、余計なエッジが意図せず掛かって危険なので気をつけましょう。リップを上る前にスピード調節は済ませておき、リラックスしてテイクオフに備えるようにしましょう。

【リップを抜けてから】トゥイークと同じ要領でツイスト

シートベルト・グラブ(seatbelt grab)

リップを抜けたら上半身を前方へ、下半身を後方へひねっていきましょう。体が後傾にならないように両肩を高い位置に保っておくと良いでしょう。板が自分側に十分引き付いてきたら、後ろ足を真下に蹴り出しながら後ろ手でノーズ部分を掴みます。グラブする場所と手は違えど、体の動かし方はトゥイークとよく似ています。

【空中姿勢】前手を使ってバランスを保とう

スノーボード スノボ ジャンプトリック シートベルト・グラブ(seatbelt grab)

体を大胆に動かしている分、空中姿勢が少し不安定になるので、前手を高く突き上げて全体のバランスを取ると良いでしょう。グラブしながらもランディング方向を凝視しながら、安定した体勢でロンググラブをキープ出来るようになりましょう。空中での動きにメリハリをつけて、よりコミカルに、オールドスクールっぽく(昔っぽく)グラブするのがオススメです。

【着地】ツイストした反動でボードを戻す

スノーボード スノボ ジャンプトリック シートベルト・グラブ(seatbelt grab)

限界までグラブすることができたら、テンポよく掴んでいる手を離してみましょう。グラブを離すと、空中で均衡していたバランスが解き放たれて、体が元の位置に(真っすぐに)戻ろうとします。腰の位置はボードの真上にキープしながら、目線を着地から反らさずに、ボードを真っすぐに合わせていきましょう。体全体でボードを踏み込みながら、着地後に余計なエッジが掛からないようにしましょう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

キッカートリック・グラブ系

キッカートリック一覧ページはこちら

スピントリック・180&360

スピントリック・540〜高回転

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて