レッツゴースノーボード

道具ギア スノーボードの板のこと

20-21おすすめスノーボード

NITRO SLASH

NITROの人気パウダーボード・SLASHが20-21よりフルモデルチェンジ!いわゆる「ファット&ショートボード」と呼ばれる、全長を短くしてウエスト幅を広げた美しいアウトラインに生まれ変わりました。ここでは実際に乗ってみた感想をご紹介します。

※ NITROスノーボードのキャンバー構造の種類と特徴

浮いてくれて動かしやすい

実際に乗ってみた感想は、パウダーコンディションでもボードコントロールしやすく、妙な安心感を持った板だなという印象を受けました。
パウダーライドで特に難しいと感じるのはスピードを持続させることで「よっしゃー!」とスプレーを飛ばした途端にボードが減速してしまったり、そもそもスプレーを上げる手前のターンでスピードが落ちてしまったり・・・
新型スラッシュはそんなスピードコントロールの悩みを一気に解消。
抜群の浮力を得られる合理的なボード形状に、操作性に優れたハイブリッドなCAM-OUTキャンバーを採用。 浮力があって操作しやすいのであれば、パウダーでの安心感も格別。 ボトムターンが素早く出来て、行きたいところに自由に行けて、結果当て込みやすい! ゲレンデでのターンも同様に、優雅で気持ちいいターンと、その直前の、行きたいところへ行くためのボトムターン、双方のターンがしっかりと決まるのでターンという行為そのものが楽しくなり、今まで何とも思わなかった斜面も魅力的なプレイグラウンドに決まること間違いなしです。
パウダー大好き!カービング大好き!VIVAサーフスタイル!そんな方が、ハイシーズンのパウダーライドからシャバ雪クルージングまで、全ての季節を楽しむのにNITRO・スラッシュは最適なボードだと思いました!

基本的な特徴

キャンバー構造

CAM-OUTキャンバー

両足間はローキャンバーでノーズとテールにかけて反り上がっていくハイブリッド構造。パウダーで浮き、トリックの回転性も高いまま、高速滑走時の確かなグリップ力と反発力をも得られるNITRO社の新技術。

ボード形状

テーパード・ディレクショナル

ノーズの長さの方がテールよりも長く、さらにはノーズに比べてテール幅が狭いアウトライン形状

フレックス種類

オールテレイン

NITRO社の最も万能なフレックスパターンで、板の反発力と反応の良さとが見事にブレンドされている。まさしく雪山を思い通りに刻むことが可能。

ボード幅の種類

ワイド

サイドカット種類

プログレッシブ

ボード前方には大きめの(緩やかな)、後方にはきつめのサイドカーブ半径をミックスすることで、ターン時にノーズが食われることなく板を加速させることが容易になる。

詳細スペックデータ

サイズ
(cm)
ランニング
レングス
(cm)
ウエスト幅
(mm)
ノーズ幅/テール幅
(mm)
サイドカーブ半径
(m)
セットバック
(mm)
対応スタンス幅
(cm)
162 113 266 316/300 8.0/6.0 -25 52-64
156 107 265 312/296 7.7/5.7 -25 50-62
151 104 260 306/290 7.5/5.3 -25 48-60

大好評のハウツーDVD第2弾に英語版が登場!英語&日本語ナレーション収録で英語力を一気に身につけよう!税込み、送料込み3300円
詳しくはこちら

待望のハウツーDVD第3弾リリース! フリーランにもっと安心感と遊び心を! 税込み、送料込み3300円
DVD詳細はこちら

一気にスノボにハマる!?スノーボードを安全に楽しく上達させ、遊び方の幅を広げるお得なDVD2本セット。! 税込み、送料込み4980円
詳しくはこちら

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて