レッツゴースノーボード

道具おすすめギアプロ使用ギア

プロライダーが使用するスノーボード④

中井孝治(なかいたかはる)
SALOMON "SUPER8 154"

大人の色気を出してきたMr.スノーボードが乗る板は?

STONP最新作ムービーでは2年間撮り貯めた驚愕のフッテージを残した中井孝治。最近では国際大会でのTV解説やハーフパイプのコーチなど活動の場をさらに広げている彼ですが、ライディングの方も相変わらずキレキレで、その卓越したセンスとテクニックはそのままに、洗練された色気あるスタイルがさらににじみ出てきたようにも見えます。シーズン中は雪のいい場所を嗅ぎ付けどん欲にアタックし、国内外の多くのライダーから頼られ慕われるミスター・スノーボードが愛用するボードをここでは紹介します。

※工藤洸平の使用ギア:DRAKE TEAM & FIFTY BINDING
※中井孝治のスノーボードの選び方は?
※吉田啓介の使用ボード:SALOMON ASSASIN
※プロライダーはどうやって板を選んでいるの?

ライダー達が絶賛する新作クルーズボード

SALOMON SUPER8

形状はフリースタイルを意識したツインチップでありながら、キャンバーを後ろ足の下に配置したバックシートキャンバー構造を採用することで、高速時のカービングターンが大幅に向上。適度なフレックスとコントロール性能を絶妙にブレンドしたSALOMON社最新のオールラウンドボードはパウダーからピステンまでトリックもターンも思いのままです!かのJOSH DIRKSENWOLLE NYVELTが開発に携わり、日本では中井孝治テディクーが病みつきになるほど絶賛している間違いのないモデル。

サイズ展開:147,151,154,157,160cm ディレクショナルツイン  バックシートキャンバー

今まで乗ったSALOMONの中で一番調子いい。

AWESOME TWEAK
AT HOKKAIDO BACK COUNTRY



「今まで乗ってきたサロモンのボードの中で一番調子がいい」

中井にSUPER8の乗り心地について聞いてみると真っ先にそんな答えが返ってきました。
キャンバーの位置を後ろ足寄りにずらしたバックシートキャンバーは、フリーライディング中に伸びのある安定したターンが可能で、パウダーでの浮力も抜群!キッカーでもパイプでもスイッチでも問題なく自分の滑りができるんだそう。
ボード幅を従来より1cm太くすることで、5cm短いレングスの板を選べるロケットサイエンスを採用しているSUPER8。短くても太いので浮力や安定感が増し、その分板のスイングウェイトや取り回しを軽くできるため、中井も154cm(場合によっては157cm)をチョイスし、フリーライドからフリースタイルまでまんべんなく楽しんでいるんだそうです。

【動画】50YEN PER LIFT

当サイトのオリジナル動画「50YEN PER LIFT」にて、リフト一回券50円というとても小さなスキー場で、中井孝治と吉田啓介がクリエイティブに遊んでいる模様を収録。映像の中で中井はSALOMON SUPER8を使用し伸びのあるカービングターンを披露しています。

中井孝治(なかいたかはる)
札幌市在住
身長165cm 体重56kg
レギュラースタンス
スタンス幅54cm 前21°後ろ-6°
sponsor:SALOMON REVOLT DAKINE NIXON NUCLEAR

※STONP AUTUMN OF DEATH TOUR情報
※工藤洸平の使用ギア:DRAKE TEAM & FIFTY BINDING
※天海洋の使用ボード:K2 COOL BEAN
※吉田啓介の使用ボード:SALOMON ASSASIN
※プロライダーはどうやって板を選んでいるの?

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

プロライダー使用ボード

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて