レッツゴースノーボード

ハウツー記事スノーボードでグラトリ

初心者必見!手軽にFS180をマスター①

まずは飛ばずに安全に半回転してみよう

まずは飛ばずにターンの延長上でクルッとボードを回してみましょう。ターン時に生じる回転の惰性を使えば、驚くほど楽に180できるはずです。

1 ターン後の惰性を利用しよう。

ゆっくりのスピードでヒールサイドのターンを行い、ターンを終えボードが斜面に対して真横を向き始めたら、後ろ肩を前方へさらにひねろう。ターンの直後は、ボードが曲がろうとする惰性がまだ働いている。この力を使えばオーリーをしなくても楽にボードを半回転させることができるのだ。

2 力まずにボードを回す

グラトリ ノーリー ハーフキャブ・トゥ抜け(スイッチFS180)

ボードが回転している間はソールをフラットに保とう。両肩の位置を高くキープしながら、上体を浮かせるようにしてボードを回転させていくことで、スピン中に不意にエッジが掛かるのを防ぐことが出来る。力んでつま先に乗ると思わぬ逆エッジを食らうので気をつけること。

3 脇を締めフェイキーで滑ろう

グラトリ ノーリー ハーフキャブ・トゥ抜け(スイッチFS180)

ボードが半回転しきったら両脇を締めて、前方を見ながらフェイキーで滑り続けよう。フェイキーが怖い人はすぐに止まるか、安全な方法でレギュラーに戻そう。

フェイキーランを練習しておこう

180を成功させると、必然的にスタンスはフェイキーになる。せっかく180ができたのにフェイキーになった途端にバランスを崩して転んでしまった…なんてことにならないように、日頃からフェイキーでしっかり滑り込んで、ある程度のボードコントロールを身につけておこう。フェイキーの動きは、レギュラーの動きと全く変わらない。ただ体の各部の使い方が左右逆になるだけだ。フェイキーの練習は地味で難しいけれど、やった分だけ安定感が生まれ、グラトリの完成度も高まっていく。天気が悪かったり板が走らなくてゲレンデがつまらないと感じた時は、気分を変えて逆向きで滑る練習をするようにしよう。

※その前にやっておこう

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUTウエア・期間限定セール開催!

定価ですでにお求めやすいライドアウトウエアを、さらにお得にゲットできるチャンス!期間限定の全品30%OFFセールを実施中です。この機会をお見逃し無く!

グラトリ 初級編&基本トリック

グラトリ一覧ページはこちら

グラトリ スピン系トリック

グラトリ コンボ系トリック その他

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて