レッツゴースノーボード

ハウツー記事初心者入門

スケーティングでの止まり方&失敗例

最も安全な「かかとのエッジ」で止まる方法

最も一般的な止まり方で、前を向きながら止まるので安全です。リフトを降りたときやある程度スピードが付いているときは、この方法で止まるとよいでしょう。

1 まずは両肩を開いていく。

目線は正面を見続けて、腰を起点に両肩を前方へ開いていきます。ボードと平行になるように肩を先行させていきましょう。上半身を先にひねることで、上体が遅れるのを防ぐことができます。

2 下半身でボードを回していく

両肩を先行させていくと、徐々にパワーが下半身にも伝わっていきます。前足の足首を進行方向にひねりながら、後ろ足のかかと部分を前方へ蹴り出すようにして板を90°回していきます。

3 かかと側のエッジに加重

ボードが90°回転したら、体をやや後ろに倒し、両足のかかとを使ってヒールサイドのエッジに加重していきましょう。スピードが出ている時は、このエッジ加重をさらに強めるとよいでしょう。

4 後ろ足を雪面に刺して完全に止まろう

スピードが弱まってきたら、ゆっくり後ろ足をボードから外し、雪面を力強く踏み込みます。ヒールサイドのエッジに加重したまま両肩を広げてバランスを取り、ボードが完全に止まるまで待ちましょう。

【失敗例】からだが遅れてしりもちをつく

失敗例 スケーティング しりもち

※上半身をかぶせずに足だけで止まろうとすると、ボードが90度回った時に体が遅れて尻もちをついてしまいます。初めのうちは下半身だけでボードを静止させようとしてしまいがちですが、必ず上半身も使ってボードをコントロールするようにしましょう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて