レッツゴースノーボード

ハウツー記事スノーボードでグラトリ

スイッチBS180 to FS360

スピンを連発して周りの人を惑わそう

スピンのコンボは基本がちゃんと出来ていればスムーズに繋げることが出来るはずです。頭の中でイメージをしっかり固めて、トリックを間髪入れずに繋ぎ合わせてみましょう。

1 コンボさせるトリックを入念に行っておく。

スイッチバックサイド180 シークエンス 動画 スイッチバックサイド180 シークエンス 動画

当然のことながら、コンボさせるトリックの一つ一つがきちんと出来ていなければ、スムーズなコンボには繋がらないでしょう。2つの技を感覚的に行えるように、両方のトリックの基本的な動きはきちんとマスターしておきましょう。まずはグラトリで、それぞれのトリックを繰り出してからコンボを仕掛けるとよいでしょう。

2 スイッチBS180を終えたら素早く前を見よう

スイッチBS180 to FS360 グラトリコンボトリック

初めのスイッチバックサイド180は、ブラインド着地(前が見えにくい着地)ですが、次のフロントサイド360に素早く移行するために、着地後は目線を積極的に前へと送りましょう。目線が確実に先行していれば、次の動作を行いやすくなり、トリックをスムーズに繋げることが出来るでしょう。

3 雪面をしっかり踏んで高さを出していこう。

スイッチBS180 to FS360 グラトリコンボトリック

スイッチバックサイド180を終えボードが真っすぐになったら、後ろ足で雪面をフラットに踏みつけてオーリーのパワーを貯めましょう。回転の惰性が働きボードは回りたがっているので、むしろ一度雪面をしっかり踏んだ方が、後半のスピンに高さが生まれてくるはずです。FS360を仕掛ける時は上半身をスピン方向にしっかりと引き上げて体が遅れないように心掛けるとよいでしょう。

4 下半身(板)→上半身 の順に回し込む

スイッチBS180 to FS360 グラトリコンボトリック

スイッチBS180をした時の回転の惰性が残っているとはいえ、体ごと一気に回し込むのは難しいでしょう。真下に見える雪面との距離を計りながら、まずは下半身を使ってボードを雪面に真っすぐ合わせ、体勢が安定してきたら前を向いていくと上手くいくでしょう。

※ 慣れてきたら途中でプレスしてみよう
スイッチBS180 to FS360 グラトリコンボトリック
プレスを入れたトリックの解説はこちら

慣れてきたらトリックの間にプレス系の技を取り入れてみましょう(写真はレギュラーのBS180からのキャブ360)。コンボの間にもう1アクション入れば、トリック自体の見栄えがさらによくなって、見てる人にもっとインパクトを与えられるはずです。スピンとプレスを変えていけば、トリックは無限大に広がるでしょう。

「レッツゴースノーボード ハウツーDVD」
絶賛発売中!

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

グラトリ 初級編&基本トリック

グラトリ一覧ページはこちら

グラトリ スピン系トリック

グラトリ コンボ系トリック その他

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて